MICHEL COLIN-DELEGER / ミシェル・コラン・ドレジェ

次世代の活躍に期待がふくらむ、シャサーニュにおけるトップクラスのドメーヌ

ドメーヌを運営するミシェルはまだ50代半ばで引退する年齢ではないのだが、2004年ヴィンテージよりドメーヌを分割し、長男フィリップがドメーヌ・フィリップ・コラン、次男ブリュノはドメーヌ・ブリュノ・コランと、別々のドメーヌとして生産を開始した。といっても自身の名義でも生産は続けていて、シュヴァリエ=モンラッシェとピュリニー=モンラッシェのドモワゼル、それにシャサーニュ=モンラッシェ・アン・ルミリーだけはミシェルのラベルとなっている。

各々のリリースする銘柄は下にまとめたが、長男フィリップは父ミシェルのドメーヌをそのまま継いだ形となっていて、生み出すワインも父譲りの、落ち着いた風味、味わいの構成のしっかりしたタイプとなっている。方やブリュノは、マルク・コランの長男、ピエール=イヴのカーヴのすぐ隣にドメーヌを構え、ワインもピエール=イヴに似たところのある、強い果実味に高い比率の新樽が合わさる今流行りのタイプと、そのスタイルも対照的なものとなっている。

コラン=ドレジェというと、ルフレーヴなどとともに3本の指に入るシュヴァリエ=モンラッシェ、そのシュヴァリエの北に位置し、プルミエ・クリュでありながら、ほとんどシュヴァリエと同等の評価を得ているドモワゼル、それに同じくプルミエ・クリュのトリュフィエールがフラッグシップといったところだが、ドメーヌには隠し玉がある。ドモワゼルの反対側、シュヴァリエ=モンラッシェの南に接している区画である、シャサーニュ=モンラッシェのプルミエ・クリュ、アン・ルミリーがそれ。アン・ルミリーというとサントーバンの代表的なプルミエ・クリュだが、モンラッシェの丘の最上部、真南を向いた1.6ヘクタールはシャサーニュに属していて、コラン=ドレジェは半分弱、0.7ヘクタールほどを所有している。その立地の素晴らしさは、現地に行けば一目瞭然だが、ミシェルが自身の名義のポートフォリオのなかにこのクリマを入れていることからも窺い知ることができる。

秀逸なワインを生んできたドメーヌの多くが、近年、世代交代を迎えているが、受け継ぐ世代と、先代との生み出すワインに差異が感じられるもの、ほとんどスタイルの変化の無いものなど、様々なパターンが見られる。このシャサーニュを代表するドメーヌであるコラン=ドレジェの分割も、ブルゴーニュ・ファンの目が離せない状態を生んだことだけは間違いないようだ。

ミシェル・コラン・ドレジェ ピュリニ・モンラッシェ 1er ラ・トリュフュエール [1998]750ml

商品コード:10006611
JANコード:
アイテムイメージ

ミッシェル・コラン・ドレジェピュリニ・モンラッシェ・1er・ラ・トリュフュエール[1998]750ml

ミッシェル・コラン・ドレジェピュリニ・モンラッシェ・1er・ラ・トリュフュエール[1998]750ml

販売価格 (税込) 15,120円
当店ポイント151P進呈
在庫数:0個
在庫切れ
15℃前後で抜栓、味をみる。温度を上げるべきか下げるべきか思案中。このまま でも美味しいが、本来のトリュフィエールの姿ではないような気がした。温度を 下げずにそのままで温度を上げることにした。1時間半くらい置き多分温度は18℃ 前後位になっただろう。香りが瓶口から溢れて出した。薄く輝くレモンイエロー、 白い花、グレープフルーツ、バナナ、パパイヤ、ヘーゼルナッツ、煙、ミネラル (石英系)、タラゴン、タイム、ローズマリー、ベルガモット、リコリス、完璧と言う しかない。次々に香りが涌き出てくる。花・フルーツ・煙・ミネラル・ハーブ、素晴 らしい香りにうっとりしながら、口に含むと見事にスモーキーでスパイシー。溌剌 とし、複雑だが、甘く、透明感があり、綺麗だ。時間が経ってくると、蜂蜜、リンゴ、 ニセアカシア、茸、が出てきた。豪華で有りながら実にエレガント。茸の香りが 白としてはとても珍しい。名前らしいというべきだろう。絵に書いたような茸の 香りを持ったトリュフェイエールに暫く遭っていない。望みが高すぎるのだろう。 これも素晴らしい状態だが茸+フルーツ・ア・ラ・モードではない。世の中にはそう いう香りを持った茸があるのです。いつかは巡り会えるだろうと信じて飲み続けて いきます。それまでは、これが最高の状態の部類に入るものでしょう。それとこれ の凄いところは、1時間くらい経ち20℃を越え出したら流石に味も香りも落ちてき た。グラスごと氷水で10分くらい冷やした。3~4℃くらいは下がっただろう。普通 それだけ冷やすと温度を上げて飲むタイプのものは閉じて飲めなくなるものだが、 こいつは低い温度のまま復活し、香り高く綺麗でクリアな酒質を見せてくれた。 本当に旨い。まるで2001VTのようなタイプになっている。最初から低い温度のまま スタートしてもいけるかもしれない。何れにせよ素晴らしいコラン・ドレジェの1998 には大満足。多分睡眠状態にあった1999のトリュフィエールが、現時点では十分に 納得出来なかったことはお知らせしておきます。もう少し時間をおいてから1999を 再度味わいたいと思います。H16.05.29