ポデーレ・モナステロ ラ・ピネタ [2013]750ml

商品コード:360030270854715
JANコード:

Podere Monastero / ポデーレ・モナステロ

遂にイタリア史上最高のピノ・ノワールが誕生した。名実共にボルドーの格付け第一級筆頭に君臨するシャトー・ラフィット・ロートシルトとのジョイント・ヴェンチャーで誕生したロッカ・ディ・フラッシネッロの現醸造長アレッサンドロ・チェライが、キァンティ・クラッシコの中心地カステリーナ・イン・キァンティに個人所有する僅か1.5haの畑から生まれたピノ・ノワールだ。

イタリア最高のピノ・ノワール造りに情熱を燃やしていたチェライは、2000年にポデーレ・モナステロを設立。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの苗木家を招聘して畑を造成。ロマネ・コンティの畑と同じブルゴーニュ最高の777クローンのピノ・ノワールの苗木を植樹してワイン造りを始めたのだ。その執念は初ヴィンテージから早くも実を結んだ。イタリアのピノ・ノワール100%のワインとしてパーカーが史上最高得点となる92点を与えたのだ。しかも、『ワイン・スペクテーター』でも2年連続90点という高評価を獲得。ジャコモ・タキスも『デカンター/2009年5月号』で、チェライを「明日のイタリアのスター」に指名すると同時に彼のピノ・ノワールを大絶賛し、正真正銘イタリア史上最高のピノ・ノワールであることが認められたのである。実はパーカーポイント92点はブルゴーニュ・ワインにとっても極めて高いハードルである。なぜなら、2005年物のブルゴーニュでPP92点を獲得したワインには、ジャン=イヴ・ビゾのヴォーヌ・ロマネ1級、アンリ・ジャイエの孫娘であるセシル・トランブレーのヴォーヌ・ロマネ VV、アンリ・ペロ=ミノのヴォーヌ・ロマネなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶからだ。

また、アレッサンドロ・チェライは残りの1.5haの区画でカベルネ・ソーヴィニョンとメルローを栽培。尊敬するタキスが手掛けたサッシカイヤやパートナーであるシャトー・ラフィット・ロートシルトを彷彿とさせる重厚なボルドー・スタイルのワインを造っている。こちらも、初ヴィンテージから『ワイン・アドヴォケイト』と『ワイン・スペクテーター』の両誌で同時に90点を獲得している素晴らしいワインだ。1990年代初頭、ボルドー右岸では先駆者シャトー・ヴァランドローを皮切りに次々とガレージワインが誕生しましたが、今度はトスカーナでそれ以上の超レアなガレージ・ワインが出現しました。ぜひ、このポデーレ・モナステロのワインをご堪能下さい。

■ドメーヌの概要■

ポデーレ・モナステロは2つの偉大なワインを造るという目的のために、醸造家のアレッサンドロ・チェライにより2000年に設立された。畑はトスカーナの中心地カステリーナ・イン・キァンティの町の北側の標高500mの場所に位置する。この辺り一帯は、昔からチェライ一族が所有していたが、2000年の親族分与で、現在のポデーレ・モナステロの土地をアレッサンドロが取得した。モナステロとは修道院の意味。昔、この土地に修道院があったことから「ポデーレ・モナステロ」と命名された。

ラ・ピネタ2012が、イタリアソムリエ協会(トスカーナ支部)よりLa Pineta 2012 THE BEST OF TUSCANY120トップ・トスカーナ・ワインの中からベスト・トスカーナ・ワインに選ばれました!今回最新ヴィンテージ2013年が登場!
醸造家アレッサンドロ・チェライ曰く、2013年はファーストヴィンテージの2006年以来、過去最高の出来となったそうです。

■原産地呼称:トスカーナ(IGT)
■ブドウ品種:ピノ・ノワール100%

2006年物がワイン・アドヴォケイトでイタリアのピノ・ノワールとして史上最高の92点を獲得。ワイン・スペクテーターでも2006年物と2007年物が2年連続90点という高評価を獲得。イタリアを代表する醸造家ジャコモ・タキスもデカンター誌の2009年5月号で大絶賛した正真正銘イタリア最高のピノ・ノワール。2001年に植樹されたロマネ・コンティの畑と同じブルゴーニュ最高の777クローンのピノ・ノワールから産み出される。

畑はピノ・ノワールのみが植樹された1.5haの区画で、標高495メートルの東向きの斜面で、石の多い石灰質土壌。ラ・ピネタとは松を意味するイタリア語。ラ・ピネタの区画が松林に囲まれていることから命名された。ラベルに描かれている木も松。

葡萄樹の仕立ては厳格なギヨで、植樹比率は1ha当り5,900本。剪定時の葡萄樹1本当たりの芽は5、6個。収穫時に残す房の数は最大で3房で、1株から収穫する葡萄は400グラム以下に押さえる。

■醸造:手摘みで収穫した葡萄を90%除梗した後、12時間の低温マセレーションを施す。その後フランス、アリエ産のオークの発酵槽でアルコール発酵。発酵温度は25度で、発酵期間は約1週間。発酵終了後も18日間の果皮浸漬を行う。発酵と果皮浸漬の間は1日2回のポンピング・オーバーと1日1回のパンチング・ダウンを実施する。圧搾後、フランス、アリエ産の容量225リットルのミディアム・トーストのバリックに移し、マロラクティック発酵と熟成を行う。熟成はシュール・リーの状態で行い、バトナージュは行わない。熟成終了後、無清澄・無濾過で瓶詰め。

※ラベルにはピノ・ネロとイタリア語で表記がされていますが、正真正銘、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの苗木家から提供を受けたブルゴーニュの最上のピノ・ノワールであるクローン777から造られています。

2011年産のコメント

先日あるワイン会で飲ませてもらったこのイタリアのピノ・ノワール。実は、以前にも同じワインの別ヴィンテージ(おそらく2006年)を飲んで気に入っていたのですが、今回の2011年は衝撃的で、妖艶な香りと滑らかな口当たり、口に含んだ瞬間に染み渡る美味しさ。これはぜひお試しいただきたい。2010年産では、ワインアドヴォケイトで92+ポイントを獲得しております。2011年産、2012年産とVinous ヴィノス(アントニオ・ガローニ)での評価は93ポイントと高く評価されています。

『Vinous ヴィノス(アントニオ・ガローニ)』のコメント
2012 ラ・ピネタ  ★93点

2012年のラ・ピネタは,極上の深みと純粋さが誇らしい。ダークレッドチェリーや飴,花やスパイスが溶け合ったワインは気楽に楽しめるピノのなかから感慨深い性格を引き出している。この2012年は凝縮感があり見事であるが,まだすべての要素が正しい場所にあるわけではない。豊潤な余韻はすべてをまとめている。

ポデーレ・モナステロラ・ピネタ[2013]750ml
アイテムイメージ
ポデーレ・モナステロラ・ピネタ[2013]750ml

ポデーレ・モナステロラ・ピネタ[2013]750ml

カタログコード:
販売価格 (税込) 6,458円
在庫数:0個
在庫切れ