Marcel Deiss / マルセル・ダイス

「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」。現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を成し遂げた、信念の男。現在も彼が昔から提唱する、畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。

「ぶどうの樹は、自ら養分を求めて根を土中に伸ばします。この土中深くにあるものがその土地のテロワールです。ここは気候の影響もほとんど受けません。根が地表に留まると気候の影響をモロに受け、土地の個性は失われてしまいます。僕のワインは、例えば酷暑だった2003年も、濃さは例年と変わりませんでした。ビオディナミも、このテロワールを引き出すための手段に過ぎません。」「また今日、アルザスのほとんどの畑で同じクローンばかりが植えられるようになりました。その結果、どのワインを飲んでもクローンの個性の味しかしなくなりました。アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なものです。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です」。

「従来のアルザスのワインのラインナップは、ぶどう品種を軸としてセック、 ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクションド・グラン・ノーブルに別れ、さらに その中に畑名やキュヴェ名、グラン・クリュなどがあるという、極めて複雑で分かり にくいものでした」というダイスは、彼独自の哲学によってラインナップを以下のように 3つに分類しています。

●Vins de Fruits 果実のワイン  (単一のコミューンまたは村産の、ぶどう品種名ワイン)
●Vins de Temps 時のワイン (ヴァンダンジュ・タルディヴとセレクションド・グラン・ノーブル)
●Vins de Terroir テロワールのワイン (プルミエ・クリュとグラン・クリュ)

マルセル・ダイス シェネンブルグ グラン・クリュ [2013]750ml

商品コード:121213091892889
JANコード:
アイテムイメージ

『10年間は開かない』と言われる厳格で荘厳なスタイルのもの。僅か1haの小さな畑から生み出されるワインは、現代アルザスワインの最高峰のひとつとされています。

平均樹齢50年。リースリング、ミュスカ、ピノ・グリ、シルヴァネール、シャスラの混植。リースリングが約80%。

軽い粘土質表土に、砂岩質、石膏、泥灰土質基盤。貴腐菌。石膏中に硫黄分が多く含まれていることで有名な伝説的な畑で、ワインにもマッチを擦ったような香りが感じられます。 《インポータ資料より抜粋》

ワインアドヴォケイト:94ポイント
Reviewed by Issue Date 1st Jul 2017 Source 231, The Wine Advocate Drink Date 2022 - 2028
The 2013 Grand Cru Schoenenbourg is clear, fresh and concentrated on the nose, with concentrated lemon, lemon leaf and some flinty aromas. Piquant and almost lean on the palate in the first moment, this is a full-bodied, fresh, pure and almost steely Schoenenbourg with a tight structure, lingering salinity and mineral grip. Although it has a charming sweetness, the Schoenenbourg needs some years to develop. However, the 2013 will remain a rather lean, tight and tension-filled wine from a cool, marl terroir.

2006年ヴィンテージの通常ボトルの試飲コメント

このシェネンンブルグは生まれて初めての経験でした。辛口のワインなのか甘口のワインかも判らず8~9℃で抜栓しました。すぐに小ぶりのグラスで味わってみました。香りは全く立たず、味わいは完全な甘口の部類だと分かったために今日のワインの最後に飲むことにしました。再度氷水の中に入れて4時間ほど後に飲むことにしました。もしもこのワインのコルクを切るときは最低でも3時間前には行って下さい。

とても重厚な印象の黄金色、抜栓してから4時間ほど経過したためかワイン自体開き始めているようだ。何分初めての経験の為に、綺麗に開いてきたのかまだまだ序の口なのかは判断出来ずの状態だ。白い花、百合、山梔子、パイナップル、マンゴー、パパイヤ、洋梨のコンポート、メイプルシロップ等の花やフルーツの香りと味わいが現れ始めました。それと果物の砂糖煮や蜂蜜のニュアンスもあります。とても上品な甘さがあるのだが、アルコールから来るものではなく、完熟された葡萄が起因しているものだろう。骨組みのしっかりしたこのワインは、恐ろしいほどの濃度と凝縮感と粘度を持ちながらも全くと言って良いほどくどさと言うものは無い。相反するさらっとした感じも持ち合わせているのです。酸とミネラルのレベルが尋常ではないのだろう。デザートワインとして味わうのも良いが、くどい料理にもバッチリの相性を持つような感じのものでした。

インポーターからの資料によると(『10年間は開かない』と言われる厳格で荘厳なスタイルのもの。そして僅か1haの小さな畑から生み出されるワインは、現代アルザスワインの最高峰のひとつとされています。)となっているので、僕が飲んだ時点ではまだまだ幼児期なのかもしれないのですが・・・?2011.04.15