シャトー・ムートン・ロートシルト [2012]750ml

商品コード:17600207050034515
JANコード:

5大シャトーの中でも特に豪勢だと言われるシャトー・ムートン・ロスチャイルド。豊かで透明感溢れる果実味が楽しめる2012年ヴィンテージ。2014年にお亡くなりになられたフィリピーヌ男爵夫人が最後に選んだシャトー・ムートン・ロートシルトのアーティストラベルは、スペインを代表する現代アーティスト、ミケル・バルセロ氏によるものです。

2012年は、夏は乾燥し、9月後半から10月にも予期せぬ雨が降ったりと 2011年に続き、生産者にとって決して平坦ではない年となりました。 しかし出来上がったワインは、しっかりと抽出された果実味が豊かで驚くほどソフトで丸みのある出来ばえ。2009年に通じる豊かな果実味とバランスに秀でたヴィンテージと言えます。

グラスに注いだ外観は深く鮮烈な赤。 とても上品な黒系果実とスパイスが香ります。 口に含むと、なめらかさと力強さを感じ、 ふくよかで柔らかなタンニンが素晴らしい余韻をもたらします。 フィニッシュにはバニラやタバコの風味が広がりメンソールの香りも加わります。 しっかりとして深みのある典型的なムートンスタイルを堪能できる素晴らしい味わいです。

ワインアドヴォケイト誌96点に上方修正されました!(2017年2月)
Reviewed by Neal Martin Issue Date 1st Feb 2017 Source Interim End of January 2017, The Wine Advocate Drink Date 2025 - 2050
Tasted at the Mouton-Rothschild vertical in London, the 2012 Mouton-Rothschild clearly has the upper hand over the 2011, if not quite at the level of the 2009, 2010 and what I envisage will be the 2015. There is obviously greater fruit intensity here, as if the contrast has been dialed up a couple of notches. It is quite showy on the nose, preening in its infancy with pure black cherries, graphite and hints of cold slate-like scents, later that hint of seaweed I observed when tasted blind a few months earlier. The palate is beautifully balanced with great vim and vigor. This is a Mouton that will not be put down - vivacious, vivid and delineated with wonderful focus and crucially, impressive persistence on the finish. Do not underestimate this Mouton-Rothschild, because I can see an upswing as it matures in bottle. Tasted April 2016.

ジェームスサックリン:97ポイント
Publish Date: Friday, October 21, 2016
What a nose of blackberries, blackcurrants, minerals and graphite. Full-bodied and extremely fine and polished. Sexy and ethereal. Harmony. A little salty. Fabulous 2012. Pure silk. Better after 2020 but so wonderful now.

販売価格 (税込) 54,000円
在庫数:0個
在庫切れ
シャトー・ムートン・ロートシルト[2012]750ml【2012ボルドー】(フランスボルドー・赤ワイン)
アイテムイメージ
シャトー・ムートン・ロートシルト[2012]750ml【2012ボルドー】(フランスボルドー・赤ワイン)

シャトー・ムートン・ロートシルト[2012]750ml【2012ボルドー】(フランスボルドー・赤ワイン)