Torbreck / トルブレック

デイヴィット・パウエルは間違いなく世界で最も素晴しいワインの造り手の一人である。彼は古いブドウ樹をもつバロッサの畑を見つけ出し、長期にわたりそれらの果実を確実に確保するという人並みはずれて優れた能力をもっている。このように高い能力を持ったワイナリーが、オーストラリアの大企業に今だ羽をむしり取られていないのは驚きである。トルブレックのワインは向上し続けており、バロッサの古樹からなる熟した果実に、ヨーロッパの繊細さ、エレガンス、バランスを結合させている。デイヴィットのトップクラスのワインは確かに高額であるが、その品質を考えたら妥当というしかない価格の、素晴らしい赤ワイン、白ワインを提供している。 (ワイン・アドヴォケート誌161号コメント2005年10月)

パーカーポイント不動の高得点で注目をあびたトルブレックのワインは、多方面でファンを増やしています。2005年ヴィニタリーでアンジェロ・ガイヤらが主催したディナーにて、世界でこれから有望なトップ生産者が10人招かれました。ギガルやラフォンなど、そうそうたるメンバーの中で、唯一新世界からデイヴィットが選ばれたのです。そのディナーのブラインド・テイスティングでガイヤは彼のワインを飲み、コート・ロティのワインだと思いこんだ、という逸話があります。そのワインの素晴しさに感動したガイヤが、今ではトルブレックのイタリアのサプライヤーとなっています。

トルブレックで使用されるブドウは樹齢150年を超えるものもあり、世界最古のレベルです。これらはフィロキセラ害の影響をまぬがれ、1980年代はじめの政府による減反政策の中を生き延びてきたものです。デイヴィットはオーストラリアで古樹の素晴しさにいち早く着目した人物で、大昔に萎れてしまったブドウ樹を丁寧に育てて生き返らせてきました。古樹の畑は驚くほど低収量であり、また、まだ若い畑も非常に収量を抑えているため、どのワインもかなり深い色合いを持ち濃厚で複雑な風味に仕上がります。

トルブレック ザ・ストゥルイ [2017]750ml

商品コード:14120130300504519
JANコード:
新作
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 6,458円
当店ポイント65P進呈
在庫数:117個

力強く男性的なバロッサヴァレー・シラーズに、エレガントで女性的なエデンヴァレー・シラーズをブレンドさせて作るワインです。

外観は仄かにガーネット色がかった深みのある紫色。素晴らしく香り豊かなワインで、ダークチョコレートやプラム、ブラックベリー、スミレの花のアロマに柔らかなスパイスの風味が香ります。味わいはミディアム~フルボディで、奥深く凝縮感のある果実味に贅沢でシルキーなタンニンを湛え、ダークチョコレートの風味が幾層にも層を成し、プラムやブラックベリー、スパイスのニュアンスが果実の味わいに更なるエレガンスとハリを添え、奥深く余韻の長い後味が広がります。10~15年は熟成の効く極めて熟成ポテンシャルの高いワインです。

■テクニカル情報■
産地:南オーストラリア州(小地区:バロッサヴァレー、エデンヴァレー) 品種:シラーズ100% 平均樹齢:50年
【2017VT】 ブレンド比率:バロッサヴァレー79%、エデンヴァレー21% アルコール:15% pH:3.57 酸:5.95g/L 収穫:3/17~5/5
醸造:乾地農法で育った樹齢の古い古樹から丹念に手摘みで選定した葡萄を収穫区画ごとに新樽(VT:15%)と年季の入ったフレンチオークの樽で20カ月熟成させた後ブレンドし、無濾過・無清澄で瓶詰め。

■2017ヴィンテージ情報■
寒冷で雨の多い冬に続いて、この年の春は、記録に残る最も多雨多湿な気候の1つで、土壌の地下深くに十分な水分量が蓄えられ、温暖な夏を前に理想的な環境が整いました。葡萄の着色期は穏やかな天候に恵まれ、1月から2月にかけて小雨が降り続いた後、暖かく乾燥したインディアンサマーが訪れ、葡萄の熟成期を通して4月まで極めて理想的な気候条件に恵まれました。2017年は、鮮やかで香り豊かな白ワインと、しっかりとしたストラクチャーを備えた濃厚な赤ワインが生産された秀逸なヴィンテージとなりました。

2017ヴィンテージ★パーカーポイント94点 RobertParker.com #241 2019年3月1日 (飲み頃:2019~2030年)
バロッサ・ヴァレー(79%)とエデン・ヴァレー(21%)のシラーズをブレンドし、新樽率30%のフレンチオークの樽で18ヶ月熟成させた2017年のザ・ストゥルイは、トルブレックが贈る素晴らしいバリューワインの1つである。花やブルーベリーのアロマが引き立つ、クリーミーなテクスチャーを湛えたセクシーなフルボディで、豊潤で凝縮感のある果実味を持ち、程よいスパイスの風味がヴェルヴェットのように柔らかで余韻の長い後味を生む。