CH.PICHON LONGUEVILLE BARON / シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

シャトー・ラトゥールに隣接する、ポイヤック髄一の立地。
メドックで最も荘厳といわれるスケールの厚みがあり力強いスタイル。

メドック格付け 第2級

ピション・ロングヴィル・バロンは、街道を挟んでピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドと並んでいます。

実は元々ピション・バロンとピション・ラランドは一つのシャトーでした。二つのシャトーの歴史は17世紀にまで遡ることができます。その時代のボルドーの議会長であったジャック・ドゥ・ピション・ロングヴィル氏によってシャトーの名声が高まり、長い間シャトーはその名声を維持し続けますが、当時の当主であったバロン・ジョセフ・ドゥ・ロングヴィル氏は5人の子供達にシャトーを分割。姉妹たち、男兄弟たちがそれぞれ相続したのが現在の二つのシャトーとなっています。

姉妹が相続したピション・ラランドの方は、滑らかな女性的なワイン。男兄弟が相続したピション・バロンの方はがっちりとした、壮大で厚みのある、ポイヤックらしい男性的なワインが特徴です。力強いピション・バロンながら熟成を経て女性的なエレガントな姿へ変貌する様には、驚かされるものがあります。

畑はジロンド川の真南に面し、サン・ジュリアンとポイヤックの境目付近。ラトゥールやレオヴィル・ラスカーズ、レオヴィル・ポワフェレが隣接している素晴らしい場所に位置しています。

近年ピション・バロンは評論家からも常に高い評価を得ている注目のシャトー。著名な評論家ロバート・パーカーが付けるポイントでも、90点台を獲得する常連であり、今後ますます注目を浴びていくシャトーであることは間違いありません。

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン [2000]750ml

商品コード:433664
JANコード:
アイテムイメージ

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン[2000]750ml

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン[2000]750ml

ボルドー第4版 ロバート・パーカー96 飲み頃: now-2030

壮観な作品のこの深遠なピション=バロンは、1989年、1990年以降のこのワインでは明らかに私好みのヴィンテージとなっている。インクのような紫色をしており、新品の鞍革、クレーム・ド・カシス、溶けた甘草、クレオソート、ほのかなヴァニラの混ざり合ったバーベキュースパイスの趣を思わせる。フルボディで、途方もない凝縮感があり、タンニンは甘く、継ぎ目のないフィニッシュは1分近くも続く。純粋さは偉大で、舌触りは申し分ないし、すばらしい品質向上能力がある。けたはずれの2000年だ! 予想される飲み頃:2008~2028年。最終試飲年月:2003年1月

販売価格 (税込) 20,900円
当店ポイント209P進呈
在庫数:0個
在庫切れ