アルマヴィーヴァ [2013]750ml

商品コード:15230909170048014
JANコード:4582345685136

ジェームスサックリング:97ポイント!2013年は出来の良かったカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を例年より10%程高めてブレンドしています。
世界屈指のプレミアムワイン「アルマヴィーヴァ」上品な酸が際立てる芳醇な果実味。美しい余韻。

ボルドーワインの頂点の一つ、シャトー・ムートン・ロスチャイルド。
アルマヴィーヴァは、そのムートン・ロスチャイルドが経営する、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と チリのコンチャ・イ・トロ社とのジョイントヴェンチャーで誕生しました。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社とのジョイントヴェンチャーと言えば、カリフォルニアを代表するワイナリー、ロバート・モンダヴィ社と造るオーパス・ワンが有名です。

いわば、この2つのワインは産地こそ違いますが、兄弟ワインと言って良いでしょう。アルマヴィーヴァはオーパス・ワンと同じように「ただ1本の最高品質ワインを造る」というコンセプトで生産される、プレミアムワインなのです。

アルマヴィーヴァは、コンチャ・イ・トロ社がカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に最適で豊かな畑を、ムートン・ロスチャイルドが、ボルドーで培った技術を持ち寄って造り出されました。
ブレンドは典型的なボルドー品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンが主体となりますが、カルメネールが約20%ブレンドされています。このカルメネールはフランスから苗木が持ち込まれてチリに根付き、90年代まではメルロと混同されていましたが、今ではチリを代表するブドウ品種として栽培が盛んになっている品種です。

チリにはフランスのように「格付け」というシステムがないものの、 アルマヴィーヴァの存在によって「一級ワイン」と呼べるようなワインを造ろう、という意識が高まったことは確か。ブドウに対する徹底した品質管理はもちろん、充実した醸造施設、 有能なテクニカル・チームなど、アルマヴィーヴァのワイン造りにはフランスの技術や伝統が息づいています。

■品種:カベルネ・ソーヴィニヨン72%、カルメネール19%、カベルネ・フラン6%、プティ・ヴェルド2%、メルロー1%

アルマヴィーヴァのコマーシャルディレクター、フアン・カルロス・パゴラ氏曰く、「アルマヴィーヴァのワイン造りは目指すスタイルの差こそあるが、ムートン・ロスチャイルドとほとんど同じ理念・造り方をしている」とのこと。

また、「チリには(シャトーコンセプトという点で)競合になる相手はいない。チリのプレミアムワインでなく、世界レベルでプレミアムワインである。そのことを、様々な人に知ってもらいたい」と力強く語っています。

ジェームスサックリング:97ポイント

Publish Date: Thursday, March 22, 2012
Superb aromas of Indian spices, blackberry, blueberry and dried flowers. Full body, soft and polished tannins and an amazing finesse of subtle yet intense flavors. This is so pure and fruity. Another great Almaviva. Reminiscent of the great 2010. A blend of 72% cabernet sauvignon, 19% carmenere, 6% cabernet franc, 2% petit verdot and 1% merlot.

ワインアドヴォケイト:94ポイント

Wine Advocate Issue Date 31st Dec 2015 Luis Guti?rrez 94 2016 - 2033 $180
The 2013 Almaviva couldn't have had a more different growing season from 2012, as 2013 was wetter and cooler than the average. It was a good year for Cabernet Sauvignon, which took the leading role with a 72% in the final blend alongside 19% Carmen?re (a grape that tends to suffer in cooler years), 6% Cabernet Franc, 2% Petit Verdot and 1% Merlot. It had a classical vinification in stainless steel and an elevage of 18 months in 74% new French barriques. In the last few years, the blend comes from approximately two-thirds older vines (37-years-old) and one-third from younger ones (11-years-old); for other parts of the world, this might seem young, but in this part of Chile where the vines do not tend to have a long life, they are relatively old. 2013 was also a higher yielding vintage, which somehow helped produce balanced juice. The wine is fresher and more fluid, not as concentrated as previous vintages. It has a subtle nose with very nicely integrated spicy aromas from the ?levage. The palate is very approachable, soft and velvety, with very good balance and a fine texture because of the very fine tannins. In a way it reminds me of the texture of the 2006, which is possibly the most Burgundian of their vintages. Yes, it's still a baby, but a baby that is approachable from now on, and should have a long life and development in bottle. 165,000 bottles were filled between January 5th and 14th of 2015.

<テイスティング・ノート>
深遠でくすんでいる、深紅色は、魅力的である。鼻に抜ける香りは、純粋で何層もの厚みがあり、黒甘草、カカオ、トフィーを思わせる。ブラック・チェリー、熟したカシスやスミレの繊細かつはっきりとした香りがやがて感じられる。口に含むと、素晴らしい深みとバランスが感じられ、甘みを感じるテクスチャーで、酸は活き活きしており、上品で余韻が長い。タンニンは、繊細でなめらかでやわらかさがあり、その年の新鮮で瑞々しい特徴を際立たせている。見事に計算されたしっかりとした味わいのこのワインは、比較的涼しく、収穫量が多い年において、上品さと新鮮さを兼ね備えている。(アルマヴィーヴァのホームページより)

販売価格 (税込) 14,904円
当店ポイント149P進呈
在庫数:0個
在庫切れ
アイテムイメージ