Domaine ARNOUX LACHAUX / ドメーヌ・アルヌー・ラショー

受け継いだ伝統を磨き上げ、今、最も波に乗っているドメーヌ

ヴォーヌ=ロマネの地で1858年以来続くドメーヌの名を高め、率いてきた当主ロベールは1995年亡くなったが、その10年ほど前から運営に携わってきた娘婿のパスカル・ラショーが、現在、腕を振るう。名手と謳われたロベールのエッセンスを受け継ぎ、加えてパスカル自身が目指すのは、テロワールが十全に表現されや滑らかでバランスのとれたタイプ、ということからロベールの時代に較べ、より洗練されたワインを生むようになりました。

現在、ブルゴーニュ地方で多く栽培されているピノ・ノワール種のクローンは戦後生み出されたものが多いが、その際もととなった株はピノ・ドロワ。安定した収量が見込め、病害虫にも耐性があるなど、栽培のしやすさから選ばれた。このピノ・ドロワとは別にピノ・ノワール種の原型に近いより伝統的なピノ・ファンという収量も少なく栽培も難しい株もあったが、今日では非常に少なくなってしまっている。ドメーヌではこのピノ・ファンが植わる区画を所有、樹齢は60年から100年に達する超ヴィエーユ・ヴィーニュとなっている。それらはロマネ・サン=ヴィヴァン、ヴォーヌ=ロマネ・レ・シュショ、ニュイ=サン=ジョルジュ・レ・ポワゼ、それにACブルゴーニュで、ドメーヌの大きな宝となっている。なかでもヴォーヌ=ロマネ・レ・シュショは、上に述べたようにピノ・ファンという株とその樹齢に加え、ロマネ・サン=ヴィヴァンとグラン・エシェゾーの間という好立地も手伝ってグラン・クリュ並みの仕上がりを見せ、通常、価格もエシェゾー、クロ・ド・ヴージョと同じでリリースされています。

リュット・レゾネで栽培されるぶどうは、ヴァンダンジュ・ヴェールトでしっかり収量を落とし、グラン・クリュは30ヘクトリットル前後、プルミエ・クリュからヴィラージュでその1割から2割増しといった具合。除梗は100パーセント、天候に恵まれた年にはシャプタリザシヨン無しでのアルコール発酵となり、期間は3週間前後。そして16ヵ月から18ヵ月間の樽熟成となるが、グラン・クリュとヴォーヌ=ロマネのシュショには100パーセントの新樽をあてがっています。

パスカルはドメーヌの拡大にも努めていて、以前からつくりたかったアペラシオンのひとつであるシャンボル=ミュジニーに数年前に区画を取得、ワインは2000年のミレジメからお目見えした。また、周知のように2002年はブルゴーニュではたいへんな成功を収めたが、パスカルはこの年初めて、ネゴシアンものとなるメゾン・パスカル・ラショー――ラベルのデザインは全く一緒で、上部のドメーヌ・ロベール・アルヌーの文字が無いだけ――のワインをリリースした。基本的にドメーヌが所有していないアペラシオンで、リシュブール、シャンベルタン、クロ・サン・ドニなどのグラン・クリュが中心だが、どれも数百本単位のごく少量しかない。

2005年には新たなカーヴも完成、パスカルが率いるようになってからのロベール・アルヌー、今、最も波に乗っている目が離せないドメーヌです。

ロベール・アルヌーがこの2007年ヴィンテージからアルヌー・ラショーとドメーヌ名を変更しました。ラベルデザインも全面改訂されております。その品質は年々高まる一方です。

≪リアルワインガイドにおいて2013年ヴィンテージがとんでもない高評価です≫

さあ、ちょっと大変なことになった。いきなり豹変したぞ。これはまるで06.07年のフーリエを思い起こさせる。それまではフツーに良いワインだったのが、ある日突然大変身して凄いワインとなる。これと同じことが13年のラショーで事実として起きているのだ。ワインは全てにおいて中身が充実し、味わいがより豊可で複雑になり、味付きもすこぶるいい。これまでのラショーは良いワインなのは確かだけどその品質が価格と見合っていなかった。よって人気は以前ほどない。しかしだ。この13年は素晴らしい。理由はパスカルの息子のシャルルが全ての作業を任されることになっていくつもの改革を行ったため。全房発酵や畑作業の厳格化など様々だ。シャルル曰く「40%くらい全房で醸造。全房が自分のスタイルで、定温マセラシオンをすることによってフレッシュなアロマと果実味を出すことが出来たと思う。13年は全体的にクラシックでピノらしい年。バランスが良くて余韻が長い。酸がしっかりしているので長熟向け」。素晴らしいドメーヌがV・Rに生まれた。
【リアルワインガイド52 2016年1月号】より。

ドメーヌ・アルヌー・ラショー ロマネ・サン・ヴィヴァン [2016]750ml

商品コード:1703010619900459
JANコード:
新作
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 84,240円
当店ポイント842P進呈
在庫数:1個

ドメーヌが所有する区画はこのクリマの南端にあり、ロマネ・コンティの真下。樹齢90年という古木が植わり、馬で耕している。煮詰めたダークチェリーにスモモ、ほんのりスパイス。充実した果実味が口中いっぱいに広がり、ビロードのように滑らかな舌触り。余韻は極めて長い。偉大なブルゴーニュ。

ワインアドヴォケイト:96
Drink Date 2026 - 2056
Reviewed by William Kelley Issue Date 5th Jan 2019
Source Interim January 2019 Week 1, The Wine Advocate

The 2016 Romanee-Saint-Vivant Grand Cru is youthfully reticent, but the wine unwinds in the glass to reveal a stunning bouquet of violet, rose petal, dark berries, baking chocolate, candied peel and smoked duck. On the palate, the wine is full-bodied, deep and concentrated, with a deep, multidimensional but tight-knit core that largely conceals its rich tannic chassis, bright balancing acids and a long, fragrant finish. This is a beautiful wine, built for the long haul, and it numbers among the best bottles that the young Charles Lachaux has produced to date.

2018/12/11付 ワインレポート記事より抜粋

ロバート・パーカーはブルゴーニュを評価していたはるか昔、ヴォーヌ・ロマネのロベール・アルヌーを、「ミニDRC」と呼んだ。アルヌー・ラショーに名前を変えて、当主パスカル・ラショーの長男シャルルが参画して革新を進める今、ドメーヌ・アルヌー・ラショーは「ミニ・ルロワ」と呼んでいいかもしれない。

シャルルはボルドー、南アフリカ、ニュージーランド、オレゴンなどで修行し、2011年にドメーヌに加わった。2012ヴィンテージから独自色を出している。5年前からラルー・ビーズ・ルロワと親交を深め、ビオディナミに注力し、カバークロップを増やしている。高い比率で全房発酵を行い、夏季の摘芯(ロニャージュ)は行わず、通常の倍以上の高い仕立てにしている。新樽比率も下げた。

ワインは大きく変わった。父パスカルは100%除梗していた。抽出も強めで、新樽比率は高かった。シャルルの代になってピュアで、エレガントなスタイルに移行した。世代交代によって、ワイン造りはしばしば変わるが、ここまで激変した例は多くない。親は息子に自らのワイン作りを押し付けがちだが、パスカルは息子の決定に委ねている。