ANTINORI / アンティノリ

アンティノリは、14世紀よりイタリアのワイン史に足跡を残す、トスカーナの偉大な名門ワインメーカーです。 その歴史は、1385年、ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワイン醸造家組合に加盟したことに始まります。この組合の統合理念は家族経営によるワイン造りと、その価値や伝統を長きに渡って守ること。アンティノリもまた、創業より家族経営を貫き、26代目現当主ピエロ・アンティノリ侯爵と3人の愛娘アルビエラ、アレグラ、アレッシア(写真)によって、ファミリーの思いが受け継がれています。

名門と呼ばれるアンティノリの名声を築いた彼らのフラッグシップワイン、ティニャネロとソライアはイタリアワインの歴史を変えたスーパータスカンの先駆けとして知られています。 アンティノリは長い伝統の中でクオリティの向上に努め、あくなき挑戦を続け、ボルドーブレンドのワイン、グアド・アル・タッソをはじめトスカーナに数多くのエステートを所有、さらにウンブリアのカステッロ・デラ・サラ、ピエモンテのプルノット、プーリアのトルマレスカ・ロンバルディアのモンテニーザなど、イタリア全土でバラエティに富んだ上質なワインを生みだしています。 イタリア最大規模のラインナップを誇るアンティノリ。まさにイタリアワインの伝統と歴史を牽引してきた、イタリアのトップワインメーカーです。

はるか14世紀より家族経営を貫き、イタリアワイン界の頂点に君臨し続けているアンティノリ。 その名声の立役者が、現在も当主を努める26代目ピエロ・アンティノリ侯爵です。

彼は、1966年に当主に就任し、世界にブームを巻き起こしイタリアワインの歴史を変えたスーパータスカンの先駆けとして知られる、ティニャネロ、ソライアを生み出しました。またピエロ氏はイタリア各地に"その土地のスペシャリスト" と言うべき個性を備えた、数々の素晴らしいワイナリーを購入。そのうちの一つであるウンブリア州の白ワイン、チェルヴァロ・デラ・サラはイタリア白ワインの歴史を覆した逸品として知られ、イタリアワインを語る上で最も重要なワイン評論誌ガンベロ・ロッソの最高評価トレ・ビッキエリを23度も受賞しています。

そんなピエロ氏は、1986年にイギリスの有名ワイン評価誌デキャンタにて「マン・オブ・ザ・イヤー」を獲得して以来、数々のタイトルを獲得し、現代イタリアワイン界に功績を残した偉大な人物として、その地位を不動のものにしています。

そしてピエロ氏の情熱はいま、3人の愛娘に引き継がれ、アンティノリは更なる進化を続けています。  2010年には、一家の故郷であるトスカーナに大規模なワイナリーを新設。環境に配慮したサスティナブルなコンセプトで自然を活かしながら、ショップや図書館なども併設した巨大な施設は、単なる醸造施設とは一線を画す存在感で、イタリアワイン界の未来をリードするアンティノリの象徴となるでしょう。

アンティノリ ティニャネロ [2016]750ml

商品コード:1712028091990069
JANコード:
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 9,790円
当店ポイント98P進呈
この商品の購入状況(最新2件)
購入日時 購入数 地域
2019-12-03 23:11 1 東京都 2019-11-30 13:59 3 東京都

世界が認める高品質。感動を覚えずにはいられない濃密で繊細、珠玉のイタリアワイン。
サンジョヴェーゼの逸品、スーパータスカン。

品質、一貫性、価格において、ティニャネロに匹敵するワインは、世界中どこを探しても他に思いつかない。By.アントニオ・ガッローニ

品種:サンジョヴェーゼ 80%、カベルネ・ソーヴィニヨン 13%、カベルネ・フラン 7%

現当主であるピエロ・アンティノリが、イタリアの代表品種サンジョヴェーゼ種とフランスからの外来品種カベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドして誕生させたのがこの「ティニャネロ」と「ソライア」でした。スーパートスカーナの先駆けと言われるこれらのワインは、当初、伝統品種に外来品種を合わせたことで異端とされ、イタリア国内では厳しい評価を受けましたが、やがて海外で評価が高まり、格付けを超えて一気にスターダムに昇り詰めました。

深いルビーレッドに紫のハイライト。天草、スミレ、チェリ―の香りと共に感じるバニラ、チョコレートそして甘く香ばしいオーク。柔らかで調和のとれた香り。味わいはとても力強くたくましく、一方でエレガント。長い余韻。若くして飲まれる場合は、デキャンタージュをお薦めいたします。

サンジョヴェーゼがカベルネ・ソーヴィニヨンとの相性が良いことを証明する一本。 スーパータスカンの味わいをこの機会にぜひご堪能下さい。

VINOUS(アントニオ・ガッローニ):98ポイント
Antonio Galloni. Tasting date: July 2019 Drinking window: 2022 ? 2046
The 2016 Tignanello is flat out stunning. Dark, dense and resonant, the 2016 is a wonderfully complete wine that will provide readers with decades of pure drinking pleasure. The 2016 is especially dark and brooding, and yet the tannins are incredibly polished to the point of being perceptible. In the glass, the 2016 is complete and regal, perhaps because of the super-classic blend of 80% Sangiovese, 15% Cabernet Sauvignon and 5% Cabernet Franc. The pedigree of the vintage comes through in the wine's extraordinary balance and total sense of finesse. I don't think there is another wine anywhere in the world made entirely from estate fruit that can match Tignanello for quality, consistency and value within its peer group of top-flight reds.

ワインアドヴォケイト:97ポイント
Reviewed by Monica Larner Issue Date 1st Jun 2019 Source End of May 2019, The Wine Advocate Drink Date2020 ? 2045
To hit the market in June, the 2016 Tignanello is a rock-solid wine and a stunning beauty. The wine offers an impeccable level of precision and laser-focus delivery of fruits, spices, tilled earth, espresso beans and Mediterranean herbs. This vintage follows the classic blending formula of 80% Sangiovese with about 13% Cabernet Sauvignon and 7% Cabernet Franc. The vines are now 15 to 20 years old. Compared to the 2015 vintage that ultimately appeared more chewy and succulent, this expression from the iconic 2016 vintage is more vibrant, nervous and jazzed. It shows more savory spice, saltiness and minerality, with a beautifully integrated quality of tannins. Some 320,000 bottles were produced. This wine is at the top of the list of some of the best Tignanello ever made, including the vintages 2007, 2009, 2010, 2013 and 2015.

ジェームスサックリング:97ポイント
Sunday, June 16, 2019
Wonderful aromas of pine needles, rosemary, fresh mushrooms, bark and dark fruit. Full body. Very tight and tannic backbone. Racy and driven. Undertones of orange peel and wet earth. Even licorice and mint. Great finish. Better after 2021, but exciting to taste now.