Joseph COLIN / ジョゼフ・コラン

マルク・コランの次男が独立 経験と知識を生かしたワイン造り

マルク・コランの次男、ジョゼフが独立しスタートさせたドメーヌ。

母ミシェルの実家はサン・トーバンの作り手、父マルクの実家はシャサーニュ・モンラッシェの作り手というワイナリー一家で、19歳だった1993年から仕事を始める。長男ピエール・イヴは1996年からドメーヌに参加し、三男のダミアンは1999年、そして長女カロリーヌは2005年から参加と、兄妹揃ってワイン造りをすることとなる。 長男ピエール・イヴは2005年に独立。現在では高い人気を誇るドメーヌとなっている。

そしてジョゼフも2017年、独立しドメーヌ・ジョセフ・コランを立ち上げる。

ドメーヌ・ジョゼフ・コランでは主に実家から受け継いだ6.5ヘクタールの畑で仕事をし、サン・トーバン、シャサーニュ、ピュリニーのヴィラージュ、1級、特級を合わせた19のアペラシオンのワインを造っている。 ビオディナミを意識し、畑には除草剤や化学肥料は使用しない。

シャトニエールとサンティエ・デュ・クルーの急斜面の畑は土壌の浸食を避けるため、手作業で草刈りをする。ブドウの病気対策もビオを尊重し行っている。

収穫は完全に手摘みで、それぞれの畑のブドウが理想的な果熟とバランスになるタイミングまで、3週間かかることもある。

赤ワインは75%除梗。圧搾はなし。発酵は土着酵母によって行われるため、キュヴェゾンの間(約20日)、手をかけるのは最小限。 ワインは重力を利用して樽に移す。新樽率は15~20%。 樽熟成は12か月間。月齢カレンダーのフルーツの日と満月の日に重力を利用して澱引きを行う。ワインは2か月休ませ瓶詰め。濾過はしない。

白ワインは、収穫後全てプレスにかける。デブルバージュ、低温浸漬などせず、土着酵母の発酵が始まったらすぐに樽に移す。樽熟成は12か月間。バトナージュはしない。ウイヤージュと樽の清浄を2週間に1回行う。12か月後、新月とフルーツの日、花の日を選びワインを澱引きする。 澱引きのあと清澄し、2か月タンクで休ませてから瓶詰め。濾過はしない。

ジョゼフのワインははっきりとした果実味の中に酸とミネラルのコントラストが感じられるのが特徴。25年以上にも渡る経験と知識が反映されている。

ジョセフ・コラン サン・トーバン コンパンディウム [2017]750ml

商品コード:171220021993139
JANコード:4573375193906
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 4,950円
当店ポイント50P進呈
在庫数:8個

マルク・コランの次男であるジョセフ・コランは、ドメーヌ・マルク・コランを姉カロリーヌ、弟ダミアンと切り盛りしていましたが、2017年より独立。ドメーヌ・マルク・コランでは、栽培を主に担当しており、畑を熟知しています。

コンパディウムCompendium(=要略)の意の通り、6つのパーセルを合わせたキュヴェで、ジョセフ・コランのサン・トーバンを知るに最適の1本です。