MARC HEBRART / マーク・エブラール

3月に渡仏したときにシャンパーニュを何軒か訪問させて頂き、一番感動した生産者のものを何とか入手してきました。シャンパーニュには312の村があり、現在葡萄栽培者(お百姓)は約5000あります。312の村の中でグラン・クリュの畑は17で、プルミエ・クリュは43あるそうです。

今回ご紹介するMarc HebrartはGCの畑とマロウィッシュ・アイに1erの畑を持ちピノ・ノワール92~95%で残りはシャルドネを栽培しています。マーク・エブラールは、家族経営のレコルタン・マニピュランで、ドメーヌは、マーク・エブラールによって1963年に創られました。1年目の瓶詰め総数は、たったの280本でした。その後、畑を買い足して、現在12.5ヘクタールの畑を所有しています。現在39歳になる彼の息子、ジャン・ポールが1997年からドメーヌの跡を継ぎ高品質シャンパンを作っております。

本当に驚かされた事に、ここMarc Hebrartはすべてにおいて手作業でシャンパンを生産しています。僕のお気に入りのエリザベート・アブリルのグートルプ家でさえルミアージュ(動瓶)は機械を使っていました。現在ほとんどの生産者は機械を導入する事により仕事を軽減する方向に向かっている時代に、頑なに昔ながらの製法を堅持していました。そのためか今回かなりの量を頂きましたロゼにいたっては、生産本数2500本という僅かな量しか生産できません。この稀少であり素晴らしいシャンパンをぜひご堪能ください。 H13年初夏

≪醸造方法≫
手積み→ブドウの圧搾→50Hlの小さなキュヴェでアルコール発酵→マロラクティック発酵(バクテリアの働きによりリンゴ酸を乳酸に変化させる発酵で、ワインの酸味が和らぎ、より口あたりのよく柔らかになる)→熟成→出荷6か月前に澱抜き

ジャン・ポールにルミアージュ(※動瓶)をしているところを見せて頂きました。
(※オリのない澄んだシャンパンを造るためにする作業。小規模な造り手は今も手動で行う)

※マーク・エブラールの、どの商品でも合計6本で送料無料!
楽天からの返信メールでは送料が加算されますが、弊店からのサンクスメールにて送料は¥0に変更いたします。

マーク・エブラール ブラン・ド・ブラン 750ml

商品コード:448350
JANコード:
マーク・エブラールブラン・ド・ブラン750ml
アイテムイメージ
マーク・エブラールブラン・ド・ブラン750ml

マーク・エブラールブラン・ド・ブラン750ml

販売価格 (税込) 5,346円
当店ポイント53P進呈
在庫数:0個
在庫切れ
この商品の購入状況(最新1件)
購入日時 購入数 地域
2019-04-03 10:03 1 東京都
ワイン名(原語) Marc Hebrart Blanc de Blanc
ワイン名(日本語) マーク エブラール ブラン ド ブラン
生産者 マーク エブラール
ワイン産地 フランス / シャンパーニュ地方
ワインの種類 スパークリングワイン
味わい 辛口
ブドウ品種 シャルドネ 100%
(85%Mareuil-Sur-Ay、15%Oiry-Chouilly Grand Cru)
ドサージュ7g/L
ヴィンテージ NV
内容量 750ml

ウメムラ限定販売・1番人気のシャンパンといえばコレ!!『マーク・エブラール』

若干生産者の方から値上がりが届いていますが、何とか価格据え置きでがんばります!!

「神の雫」13巻にて、韓国料理に合うワインとして神咲がゲヒョンとの会食に用意したシャンパンがこのブラン・ド・ブランでした。

舌の上で燃え盛るキムチの炎をマジックのように消してしまう。そしてお互いを高めあいどちらの旨味も引き立てどちらの酸も穏やかにする。そして神咲は「いつまでも立ち昇る細かく美しい泡は住んだ青い空に消えてゆく白い鳩の群れそのものです。」

最新評価でました!

(mostly 2008 wine, with 27% from 2007; disgorged April, 2012): Green-tinged yellow. Intense, mineral-dominated bouquet evokes ripe pear, peach pit, lemon zest and iodine, with a chalky overtone. Becomes smokier with air and offers powerful orchard and citrus fruit flavors braced by tangy acidity. Closes with resonating mineral and citrus notes and with excellent tenacity. - Tanzer (Dec/Jan 2013)

当店店長が渡仏したときにシャンパーニュを何軒か訪問し、一番感動した生産者のものを何とか入手してきました。それがこのマーク・エブラール。

【試飲コメント】
久々にマーク・エブラールのブラン・ド・ブランを飲みました。ここのシャンパンはルミアージュ(動瓶)さえも総て手作業で行っている今では本当に珍しいハウスです。

8~9℃で抜栓、いつもながらにここのシャンパンの泡立ちの木目細かさには感心させられる。やや淡い黄色、林檎、グレープフルーツ、洋ナシ、金柑、白い花、美味しいフランスパン、ミネラル、ブラン・ド・ブランの特徴である透明感のあるしっかりとした酸に支えられた切れのある口当たりと柔らかなボディ。とても美味しい。そしてグラスの底からは幾筋もの細かい泡が途切れる事を知らないかのように立ち上がっている。少し時間の経過と共に味わいが変化し始めてきた。温度も2℃ほど上がったのだろう。熟したフルーツ、ローストしたナッツ、果物の砂糖煮、カラメルなどの複雑で熟成した香りや味わいになってきた。しっかりとしたコクとボディ、喉を液体が通り抜けたアフターは紛れも無く一般的に言われるプレステージシャンパンの様相だ。

一緒に飲んでいる大阪から来た参加者は、「これは7~8千円ぐらいのシャンパンですよね」と聞いてきたので、「3,000円代だよ」と教えたら目を丸くして驚いていました。 H17.03.26