MARC HEBRART / マーク・エブラール

3月に渡仏したときにシャンパーニュを何軒か訪問させて頂き、一番感動した生産者のものを何とか入手してきました。シャンパーニュには312の村があり、現在葡萄栽培者(お百姓)は約5000あります。312の村の中でグラン・クリュの畑は17で、プルミエ・クリュは43あるそうです。

今回ご紹介するMarc HebrartはGCの畑とマロウィッシュ・アイに1erの畑を持ちピノ・ノワール92~95%で残りはシャルドネを栽培しています。マーク・エブラールは、家族経営のレコルタン・マニピュランで、ドメーヌは、マーク・エブラールによって1963年に創られました。1年目の瓶詰め総数は、たったの280本でした。その後、畑を買い足して、現在12.5ヘクタールの畑を所有しています。現在39歳になる彼の息子、ジャン・ポールが1997年からドメーヌの跡を継ぎ高品質シャンパンを作っております。

本当に驚かされた事に、ここMarc Hebrartはすべてにおいて手作業でシャンパンを生産しています。僕のお気に入りのエリザベート・アブリルのグートルプ家でさえルミアージュ(動瓶)は機械を使っていました。現在ほとんどの生産者は機械を導入する事により仕事を軽減する方向に向かっている時代に、頑なに昔ながらの製法を堅持していました。そのためか今回かなりの量を頂きましたロゼにいたっては、生産本数2500本という僅かな量しか生産できません。この稀少であり素晴らしいシャンパンをぜひご堪能ください。 H13年初夏

≪醸造方法≫
手積み→ブドウの圧搾→50Hlの小さなキュヴェでアルコール発酵→マロラクティック発酵(バクテリアの働きによりリンゴ酸を乳酸に変化させる発酵で、ワインの酸味が和らぎ、より口あたりのよく柔らかになる)→熟成→出荷6か月前に澱抜き

ジャン・ポールにルミアージュ(※動瓶)をしているところを見せて頂きました。
(※オリのない澄んだシャンパンを造るためにする作業。小規模な造り手は今も手動で行う)

※マーク・エブラールの、どの商品でも合計6本で送料無料!
楽天からの返信メールでは送料が加算されますが、弊店からのサンクスメールにて送料は¥0に変更いたします。

マーク・エブラール セレクション 750ml

商品コード:448353
JANコード:
マーク・エブラール・セレクション750ml
アイテムイメージ

マーク・エブラール・セレクション750ml

マーク・エブラール・セレクション750ml

マーク・エブラール・セレクション750ml

マーク・エブラール・セレクション750ml

販売価格 (税込) 5,478円
当店ポイント55P進呈
ワイン名(原語) Marc Hebrart Selection
ワイン名(日本語) マーク エブラール セレクション
生産者 マーク エブラール
ワイン産地 フランス / シャンパーニュ地方
ワインの種類 スパークリングワイン
味わい 辛口
ブドウ品種 ピノ・ノワール 70%
(Mareuil-Sur-Ay Vieilles Vignes)、
シャルドネ 30% (Oiry-Chouilly)、
ドサージュ:7.5g/L
ヴィンテージ NV
内容量 750ml

ウメムラ限定販売・1番人気のシャンパンといえばコレ!!『マーク・エブラール』

最新評価でました!

(65% pinot noir and 35% chardonnay, 80% from 2008 and the rest from 2007 and 2006; disgorged May, 2012): Light yellow. Ripe orchard fruit aromas and flavors are complicated by notes of chamomile, jasmine and ginger, with a subtle mineral overtone. Shows good depth and power, with serious punch on the long, spicy finish. I like the interplay of richness and verve on display here. - Josh Raynolds - Tanzer (Dec 2012)
 
Lightly chalky in texture, this firm Champagne has mouthwatering acidity and flavors of apricot, yellow plum, star anise, shortbread biscuit and candied lemon zest. Deftly balanced, with a long, vibrant finish. Disgorged March 2012. Drink now through 2020. ?AN - Spectator (Oct 2013)

【試飲コメント】
ワインアドヴォケートで92点が付けられたのを知ってから、初めてこのシャンパンを飲む。かなり落ち着いてきただろうと思いながら、前から好きなこのシャンパンの値段と味のバランスを再確認したくなり飲んでみた。

8℃前後で抜栓、明るく薄いレモンイエロー、木目細かい泡、白い花、百合、ニセアカシア、グレープフルーツ、リンゴ、ライチ、桃、ビターオレンジ、生クリーム、ナッツ、オレガノ、タイム、タラゴン、ローズマリー、フェンネルシード、クミンシード、メリッサ、石英系のミネラル、薄い色合いと木目細かい泡を持ち、白系の花と綺麗なフルーツの感じが立ち上ってくる。鮮やかなライチと桃の香りが印象的だ。そして、生クリーム、ナッツ、色々なハーブとミネラルが次々に姿を現す。非常にしっかりとしたコク・ボディを持ちながら、キレが良く爽やか。普通はここまでだが、更にその上を行く。
柔らかく、甘さと酸のバランスも良く、とてもエレガント。時間が経つとリンゴの砂糖煮や蜂蜜も出てきた。この金額のシャンパンとしては考えられないほどの纏まりと仕上がりだ。最初、フルートタイプのグラスで飲んでいたが、チューリップタイプのグラスに変えてみた。実に柔らかく広がり、綺麗で長いアフターに感動。エレガントの言葉を当てはめるには相応しく、値段と品質のアンマッチが著しいシャンパンだ。じっくりと時間を掛けて楽しんでみてください。非常に樹齢の古いヴィエーユ・ヴィーニュの葡萄から造られています。       H19.07.07

9~10℃で抜栓、輝く薄い黄色、木目細かい泡、白い花、イースト香、青リンゴ、ビターオレンジ、ナッツ、蜂蜜、バター、生クリーム、オレガノ、ローズマリー、タイム、タラゴン、石英系のミネラル、このボトルは1年以上僕のセラーで熟成させておいたものです。抜栓してグラスに注ぐ時にびっくりしました。
まず鼻に飛び込んできたのが、白い花、イースト香、それに青リンゴが混ざったような鮮烈で綺麗で甘やかな香りだ。それに感心しながら飲み始めると、ビターオレンジ、ナッツ、蜂蜜など次々に色々な香りが出てきます。更にボディとコクを与えるバター系の香りとニュアンス。そしてやはりと言うか、複雑さを与える様々なハーブとしっかりとしたミネラルが根底を支えています。最初は実に爽やかに始まり、軽やかさが段々とキレ、コク、ボディとしっかりとした味わいに変化してきます。そのように様々な姿を見せながら実に堂々としているのです。このセパージュから来る、ピノ・ノワールの比率が高いためにこのようなシャンパンに仕上がったのでしょう。それと長期の瓶熟によるものだと思います。頑なにマークは売らんかなという姿勢ではなく、良い物になるまでは出荷をしないと言う姿勢がこのような素晴らしいものになるのでしょう。その為にずっと売り切れになっていてお客様にはご迷惑をお掛けしていました。あっという間に1本のシャンパンが無くなってしまいました。
売りたいが為に褒めるのではなくお世辞抜きで旨い。他の1万円クラスのプレミアムシャンパンと同時に飲んでも全く見劣りぜず、こちらの方が良いという方がかなりいると思います。H17.04.09

11~12℃で抜栓 白い花、綺麗なイースト香、爽やかな果実味、青リンゴ、夏みかん、ミネラル、綺麗なシャンパンだ。細かく途切れず見事に連なる細かい泡、綺麗な果実味とミネラルが見事に調和し、とても爽やかで溌剌としていながら柔らかく上品な甘みが心地よい。30分位経ったが、みごとに泡が続いている。果物の砂糖煮、リンゴジュースヘーゼルナッツ、甘くトロッとしてきた。これはブリュットであるのにとても綺麗な甘みを感じます。通常ブリュットの場合、ドサージュ時のリキュールの量は15グラムだが、ここは7グラム以下だとマークは言っていました。やはり原料である葡萄自体がレヴェルの高いものでなければこうはいかない。滑らかで上品だが、しっかりとした厚みのある口当たりとコクはまるで熟成した白ワインの様だ。良いキュヴェを使い丁寧にしっかり造られた素晴らしいシャンパン。