Castell’In Villa / カステルイン・ヴィッラ

サンジョヴェーゼが持つ可能性を追求。
モノセパージュで造られるキャンティは熟成によって本領を発揮し、
「これ以上に伝統的で素晴らしいキャンティは他にない」と絶賛される。

ピエモンテと並びイタリアで最も重要なワイン産地であるトスカーナ。州の南部に位置するシエーナ県を中心に広がるキャンティ・クラシコ地区は9つのゾーンに分かれる。その最南部にはキャンティの中で最も偉大な生産者の一人であるサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのワイナリーがあるが、そこから東にわずか10km、カステルヌオーヴォ・ベラルデンガのコミューン東部にカステルイン・ヴィッラはワイナリーを構えている。

現オーナーであるプリンセス・コラリア・ピニャンテッリと今は亡きプリンス・ファブリッツィオ・ピニャンテッリが1967年に土地を購入したことからその歴史は始まる。現在44haあるブドウ畑は全てがワイナリーの周辺にあり、標高240~380mにまたがる8つの区画に分かれている。購入当時はカナイオーロやコロリーノといった補助品種が植えられていたが、ピニャンテッリ夫婦にはサンジョヴェーゼという品種が持つ可能性への追求、モノセパージュでワインを造るという強いこだわりがあり、それに加えて親交の深かった著名なエノロゴ、ジャコモ・タキスからの助言によってこれらを植え替えることを決意した。

サンジョヴェーゼから生まれる素晴らしい酒質は所有するブドウ畑が丘の頂上周辺にあり、そのほとんどが南向きという恵まれた条件があって初めて成り立つのだ。彼らの造るワインに当初から惚れ込んでいたタキスは、ティニャネロのファーストヴィンテージをここのブドウで造ったほどである。 プリンセス・コラリアは「サンジョヴェーゼは力強いというよりはエレガントな品種。4年程寝かせると本領発揮し始める」と語るように、ノーマルのキャンティでもスラヴォニアオークの大樽で24ヶ月+瓶熟6ヵ月と非常に伝統的でしっかりとした熟成をさせるのが特徴である。

IWCジャーナリストのイアン・ダガタは「これ以上に伝統的で素晴らしいキャンティは他にない」と大絶賛。WA誌では「伝統的なスタイルのキャンティの並はずれた生産者で、リゼルヴァは優雅に数十年熟成する。」「イタリアの中で最も熟成ポテンシャルを秘めたワインの一つで 20~40 年楽しめる」と太鼓判を押している。

カステルイン・ヴィッラ キャンティ・クラシコ [2014]750ml

商品コード:172407091997229
JANコード:
新作
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 3,510円
当店ポイント35P進呈
在庫数:16個

知る人ぞ知るキャンティ・クラシコ!
あのジャコモ・タキスにも惚れこみ『ティニャネロ』のファーストヴィンテージにこのヴィッラの葡萄を使ったほどです!

現オーナーのプリンセス・コラリア・ピニャンテッリは、サンジョヴェーゼという品種が持つ可能性を追求し、モノセパージュでワインを造りたいという強いこだわりがあり、親交の深かったあのジャコモ・タキスからの助言を受け、1960年代の土地購入当時から植えられていたカナイオーロやコロリーノといった補助品種を植え替えることを決意。
所有する畑は丘の頂上周辺にあり、そのほとんどが南向きという恵まれた条件下で育まれたサンジョヴェーゼから生まれる素晴らしい酒質はあのタキスをも魅了し、ティニャネロのファーストヴィンテージをここのブドウで造ったという事実からもその質が窺える。

プリンセス・コラリアは「サンジョヴェーゼは力強いというよりはエレガントな品種。4年程寝かせると本領発揮し始める」と語るように、ノーマルのキャンティでも大樽で24ヶ月+瓶熟6ヵ月と、非常に伝統的でしっかりとした熟成をさせるのが特徴である。

産地:D.O.C.G. Chianti Classico
ブドウ品種:サンジョヴェーゼ100%
熟成:スラヴォニア製オークの大樽24-30ヶ月

リコリスや、レッドチェリーに加えて土やスパイス、わずかな野性味を感じるアロマ。外観とは裏腹に力強さを備えており、驚くほど長期熟成のポテンシャルを持っている。

VINOUS:92ポイント
Antonio Galloni. Tasting date: July 2018 Drinking window: 2022 - 2034
Castell'in Villa's 2014 Chianti Classico is a gorgeous wine that will thrill readers with classically-leaning palates. Bright red cherry fruit, sweet tobacco, herb and licorice are some of the many nuances that develop in the glass. More than anything else, the 2014 stands out for its energy and finely sculpted personality. I would give it a few years in bottle to come together a bit more fully.

カステルイン・ヴィッラ2014のキャンティ・クラシコは、クラシックな口当たりのゴージャスなワインで、読者たちは興奮させられることだろう。鮮やかなレッドチェリーや、甘やかなタバコ、ハーブやリコリスなど、グラスの中に数多くのニュアンスが現れてくる。何よりも、この14年はエネルギーと見事に刻み込まれた個性に優れている。