アイ村、ブジー村、キュミエール村とならんで類稀なるピノ・ノワールを産み出すことで
知られるアンボネイ村。ドメーヌは村の中心から協会を抜け、県道を超えた離れに一軒た
っている。サインは国道沿いに看板が立っているだけ。知的で情熱的で弁舌豊かなエリッ
ク・ロデズの人柄を想えば、実に地味な構えである。ドメーヌの裏手には彼の得意なエノ
ロジーを生かした、「分析所」の看板がある。

彼はアンボネイのテロワールや、樽を使った醸造を語り始めると、それこそマシンガンの
ように止まらない。それもそのはず、アンボネイ村の村長も務める政治家なのだ。

エリック・ロデズはブルゴーニュ、ボーヌの醸造学校に学び、その後ボジョレーとローヌ
のドメーヌでエノロジストしての経験を積んだ後、実家のロデ家を引継ぐまでの間、名門
クリュッグに勤めた。クリュッグではチーフ・エノロジストの事故などあり、若くしてチ
ーフを務めた。本人も「素晴らしい経験だった」と語る。

他のレコルタン・マニピュランと同じく、強い畑への情熱を持つ。とにかく語らせたら何
時間でも話す。テロワールにあわせて改植をすすめたり、ほぼオーガニックに近い農法を
とったりと、実に手間のかかる畑の世話を行う。
一方、クリュッグ仕込みの経験を生かし、アッサンブラージュと樽使いにも一家言ある。
アンボネイの50のレコルタン・マニピュランで彼と同等の樽の使い手は、エグリ・ウリエ
以外に見当たらない。樽を使い、畑の改植を行い、最後にアッサンブラージュのオプショ
ンを増やすことによってさらに複雑味が増すと信じている。彼にとって数十ものサンプル
からアッサンブラージュを決定してゆくのは至福の時なのだ。

エリック・ロデズのシャンパーニュは
レコルタン・マニピュランならではの丁寧な畑の手入れで仕上がった葡萄は古い小樽を中心
に新樽、大樽、ステンレスタンクなども組合わせて醸される。またマロラクティック発酵を
用いるキュヴェとそうでないものが使い分けられる。そうして醸されたベースワインはエリ
ック・ロデズが、「至福」と語る、数十にも及ぶアッサンブラージュの妙技を経て、複雑深遠
なる一瓶に集約されます。そしてこのクレイエールは40~45%ものヴァン・ド・レゼルヴが
使われています。

Domaine Eric Rodez Grand Cru Ambonnay Cuvee des Crayeres 750ml

商品コード:458355
JANコード:
アイテムイメージ

DomaineEricRodezGrandCruAmbonnayCuveedesCrayeres750ml

DomaineEricRodezGrandCruAmbonnayCuveedesCrayeres750ml

ドメーヌ・エリック・ロデズ
グラン・クリュ・アンボネイ・キュヴェ・デ・クレイエール

ギィ・ラルマンディエ・グラン・クリュ・クラマン・ブラン・ド・ブランと同時に味わった。 僕は通常のフルートグラスを使用したのだが、友人はグラン・クリュのシャンパン・グラスを 使用して味わった。このエリック・ロデズは、今飲むのにはまだ早いのではないかと直感した。 以前ボランジェの社長と一緒に食事をしたときに、「シャンパンはデコルジュマンしてからは 半年以内に飲んで欲しい。」と聞かされたことを思い出しました。フランス人はシャンパンは なるべく市場に出てからは早く消費するべきであり、逆にイギリス人はシャンパンも寝かせる べきであるという全く正反対の考えがあります。ジャンシス・ロビンソン女史と会食した時も 当然彼女はイギリス人で後者の考えの持ち主と僕は感じました。実際どちらが正しいかという 野暮なことを考えずに美味しく飲めれば良いのですが。でもこのエリック・ロデズを口に含ん だ時にそのような事を思い出しました。下記のコメントは友人のグラスでのコメントです。 10℃前後で抜栓、薄く艶やかな黄色、細かく綺麗な泡、柑橘系のフルーツ、パイナップル、 パッションフルーツ、花、ミネラル、バター、ナッツ、オレガノ、さすがにピノの比率が高い だけに全くギイ・ラルマンディエとは違う。とにかくバランスが良い。味わいは濃く、非常に しっかりしているが、くどさは無く、柔らかく、そして艶っぽささえあった。ピノの力だろう。 どちらが好きか好みが分かれるだろう。ピノをじっくりと飲みこんだ人には、捨てがたい 魅力を感じる1本だろう。 H15.7.26

販売価格 (税込) 4,928円
当店ポイント49P進呈
在庫数:0個
在庫切れ