LINAJE GARSEA / リナヘ・ガルセア

スペイン王室御用達ワイン

1997年、リベラ・デル・デュエロのブルゴス県アランダ・デ・デュエロにほど近いカスティヨ・デ・ラ・ベガに設立された家族経営の生産者です。現在は、カルロス・ガルシア・アグド(1969年生まれ)が当主として経営、醸造を行っています。

ぶどうと対話しながら家族の一部のように思い愛情を注いで仕事をすることが必要であると考えていて、そうすることでより素晴らしいワインができると考えます。そのため、できるだけ機械を使わずぶどうの様子をみながら人の手で作業をし、作業するメンバーも信頼できる家族に限っています。特に収穫は、彼の7人の兄弟姉妹とその家族が総出でおこなっており、厳しい選果ではじかれたぶどうは、妹カルメンが得意の料理の腕をふるってぶどうケーキやジャムにするとのことです(食べてみたい!)。

すべてのワインがスペイン王室に納入されており、また、「レアル・マドリッド」のサッカーチームの選手にもこちらのワイナリのファンが多くいます。「Garsea」は彼らのファミリーネーム「Garcia」の古いスペイン語の綴りですが、彼らの畑によく姿をあらわず「Garza(鷺)」の発音とも似ていることからその姿をラベルに描いています。

■畑・醸造について■
全部で40haを所有しています。拠点となっているのはアランダ・デル・デュエロにあるバルデコボスとよばれる区画で、このあたりはリベラ・デル・デュエロの中でも最上のぶどうができる地域のひとつとされています。選定や施肥など畑の管理は、すべて現当主のカルロスがおこないますが、日中は、陽が当たりぶどうが十分に熟し、夜間は冷え込み、春と秋には霜が降りるほどの厳しい気候となるため、これらがぶどうの成長にとって好条件となり、施肥はほとんど必要ない実質オーガニック栽培。粘土質と石灰岩質の土壌で、樹齢の古いものは、45年以上のものもあり、ゴブレ仕立てで植わっています。もう一か所はアランダ県のふもとにあるデュエロ川に並行する地域にある区画で、こちらもカルロスと彼の家族が畑の状態を常に観察しています。こちらは、ミネラル分豊富な粘土質と石灰質がまじった土壌です。水はけがよいためぶどうの樹は2メートルほど深くに根をはり養分を吸い上げています。どちらの畑も、法律では4000本/haの植樹が許容されているところ3000本程度に制限することでぶどうの質を保っています。樹齢は、35~85年。生産本数125,000本。

リナヘ・ガルセア レセルバ [2011]750ml

商品コード:1799090205062519
JANコード:
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 7,020円
当店ポイント70P進呈

【スペイン王室御用達ワイン】

1997年、リベラ・デル・デュエロのブルゴス県アランダ・デ・デュエロにほど近い、カスティヨ・デ・ラ・ベガに設立された家族経営のワイナリー。収穫は極力機械を使用せず、ぶどうの状態を確認しながら家族(7人の兄弟姉妹とその家族)のみで行う。畑は実質オーガニックで丁寧に栽培。樹齢は35年~85年。収量を制限し高品質なブドウを収穫している。

<品種>ティンタ・デル・パイス(テンプラニーリョの亜種、ティント・フィノ)50%(ゴブレ仕立て)、テンプラニーリョ50%
<面積>2ha
<区画>エル・バゴン(El Vagon)とバルデコボス(Valdecobos)の畑から
<平均樹齢>ティンタ・デル・パイス:51年と39年、テンプラニーリョ:18年と20年
<醸造>12キロのかごに手摘みで厳しく収穫、選果。一日3回、人の手によりルモンタージュをおこないながら抽出具合を確認しながら6~7日マセラシオン後、28~31度で6日間のアルコール発酵。3回使用樽(45%アメリカンオーク、45%フレンチオーク、10%ハンガリーオーク)で17か月熟成の後、ノンフィルターで瓶詰します。これは、寒さの厳しい冬の間、窓を開け放しておくことで、自然とフィルターがかかった状態となり、フィルターをかける必要がないためです。その後、20か月の瓶熟期間を経てリリースされます。