Pierre Callot et Fils / ピエール・カロ

知らざれる単一畑の銘酒、アヴィーズにあり

コート・デ・ブランのアヴィーズ村に本拠を構えるピエール・カロは、ボランジェにブドウを提供している知る人ぞ知るレコルタン。

アヴィーズ、クラマン、シュイイ、グローヴの4つの村に合計7.25ヘクタールの畑を所有しているが、そのうちの2.25ヘクタールで栽培するブドウはすべてボランジェに卸している。また、ボランジェがアヴィーズ村に所有する0.6ヘクタールの区画の栽培も小作契約で任されているレコルタンでもある。つまり、カロの造るブドウはボランジェも惚れ込むほど、極めてクオリティの高いものなのだ。

しかし、カロは自身のドメーヌ・シャンパーニュでも高い評価を得ている。『アシェット』には毎年掲載される常連でもあるし、『クラスマン(現メイユール・ヴァン・ド・フランス』)においては、「クリュッグ・スタイルの熟成に値するシャンパーニュ!」とまでコメントされているほどだ。また、その卓越した技術から、同村のジャック・セロスとはなにかにつけ比較されることが多い。

栽培は環境に配慮したリュット・レゾネを実践しており、土も耕耘している。その他、年間を通じて行われる畑での作業のすべてが手作業で行われ、ブドウも丹念に手摘みで収穫している。所有する畑で栽培されるブドウのうち、5ヘクタールで収穫したブドウのみがドメーヌのシャンパーニュの醸造に使われ、既述の通り、2.25ヘクタールで栽培されるブドウは、すべてボランジェが購入している。

ドメーヌの元詰めシャンパーニュの年間総生産量は4万本前後しか造られないこともあり、毎年、フランス国内の古くからの顧客を中心に直販され、国外に輸出されるのはごく僅か。現在、フラッグシップ・キュヴェの「クロ・ジャカン」をはじめ、6種類のキュヴェを手掛けている。ドメーヌで栽培するブドウの1/3をボランジェに提供し、ボランジェ所有の畑のブドウ栽培も行うアヴィーズ村屈指の新世代RM、それがピエール・カロ・エ・フィスだ。

ピエール・カロ ブラン・ド・ブラン ブリュット ディヴェルシテ グラン・クリュ 750ml

商品コード:181211101894149
JANコード:

長年丹念にストックしてきたリザーヴワインがアッサンブラージュの50%を占め、スタンダードキュヴェとしては極めて異例の複雑さを持つ

高いコスト・パフォーマンスで抜群の人気を誇るドメーヌのスタンダード・キュヴェ。アヴィーズとクラマン,シュイイ産のシャルドネを使用。単一年の収穫ブドウ65-70%とリザーヴ・ワイン30-35%(内5%は木製キューヴで1年間熟成させたもの)のアッサンブラージュ。ステンレス・タンクで発酵後,シュール・リーの状態で8ヶ月熟成。マロラクティック発酵後,瓶内二次発酵及び熟成(38ヶ月)。
ドザージュによって,ノン・ドゼ,ブリュット,セックの3種類のタイプがある。ブリュットのドザージュは,1リットルあたり10.4-12グラム。

複雑で偉大なフィネスを持つキュヴェ。カットしたりんごや柑橘系、フルーツのコンフィなどのアロマ。味わいはパワフルで、新鮮なグレープフルーツのアロマを伴う。また、非常に余韻が長い。

『ル・クラスマン』に掲載のピエール・カロ・エ・フィスのコメント
・・・コート・デ・ブランの著名なグラン・クリュの村アヴィーズに本拠を置くピエール・カロは、フレッシュでアペリティフに相応しい傑出したブラン・ド・ブランの造り手。カロは、繊細で明確なワインとともに、ここ数年で大きく進歩した。特筆すべきは、単一クリマから造られる高級キュヴェ“クロ・ジャカン”だ。テロワールの表現をさらに崇高なものとするために、クリュッグ・スタイルの熟成法が相応しいシャンパーニュである。カロのシャンパーニュはいずれも均一で高い品質を誇る。“クロ・ジャカン”は高級だが、驚くほど濃密。傑出したスタンダードのキュヴェは、逆にとても手頃な価格だ。

『ワイン・スペクテーター 2016年10月31日版』
熟れた黄桃とメロンが全面に出たジューシーな味わいの垂涎のシャンパーニュ。さらにチョークの繊細なノートへと続き,ジンジャーのベースに甘いレモン・ピールがレースを思わせる余韻を醸し出している。

『ワイン・スペクテーター 2015年10月15日版』
明るいグリーンがかったイエロー。熟れた桃とネクタリンのアロマが,レモンの皮と石灰質のミネラル・ノートに持ち上げられる。スムーズに継ぎ目なく広がり,ジューシーな果実とメロンのフレーヴァーにスイカズラのヒントが現れる。長く続く余韻はよりミネラル感が強く引き締まり,パワフルでスパイシーな粘性が続く。ブドウの95%がアヴィーズ産。クラマンとシュイイ産によってバランスで調整している。