Castell’In Villa / カステルイン・ヴィッラ

サンジョヴェーゼが持つ可能性を追求。
モノセパージュで造られるキャンティは熟成によって本領を発揮し、
「これ以上に伝統的で素晴らしいキャンティは他にない」と絶賛される。

ピエモンテと並びイタリアで最も重要なワイン産地であるトスカーナ。州の南部に位置するシエーナ県を中心に広がるキャンティ・クラシコ地区は9つのゾーンに分かれる。その最南部にはキャンティの中で最も偉大な生産者の一人であるサン・ジュスト・ア・レンテンナーノのワイナリーがあるが、そこから東にわずか10km、カステルヌオーヴォ・ベラルデンガのコミューン東部にカステルイン・ヴィッラはワイナリーを構えている。

現オーナーであるプリンセス・コラリア・ピニャンテッリと今は亡きプリンス・ファブリッツィオ・ピニャンテッリが1967年に土地を購入したことからその歴史は始まる。現在44haあるブドウ畑は全てがワイナリーの周辺にあり、標高240~380mにまたがる8つの区画に分かれている。購入当時はカナイオーロやコロリーノといった補助品種が植えられていたが、ピニャンテッリ夫婦にはサンジョヴェーゼという品種が持つ可能性への追求、モノセパージュでワインを造るという強いこだわりがあり、それに加えて親交の深かった著名なエノロゴ、ジャコモ・タキスからの助言によってこれらを植え替えることを決意した。

サンジョヴェーゼから生まれる素晴らしい酒質は所有するブドウ畑が丘の頂上周辺にあり、そのほとんどが南向きという恵まれた条件があって初めて成り立つのだ。彼らの造るワインに当初から惚れ込んでいたタキスは、ティニャネロのファーストヴィンテージをここのブドウで造ったほどである。 プリンセス・コラリアは「サンジョヴェーゼは力強いというよりはエレガントな品種。4年程寝かせると本領発揮し始める」と語るように、ノーマルのキャンティでもスラヴォニアオークの大樽で24ヶ月+瓶熟6ヵ月と非常に伝統的でしっかりとした熟成をさせるのが特徴である。

IWCジャーナリストのイアン・ダガタは「これ以上に伝統的で素晴らしいキャンティは他にない」と大絶賛。WA誌では「伝統的なスタイルのキャンティの並はずれた生産者で、リゼルヴァは優雅に数十年熟成する。」「イタリアの中で最も熟成ポテンシャルを秘めたワインの一つで 20~40 年楽しめる」と太鼓判を押している。

カステルイン・ヴィッラ ラ・ガッツァーラ ロザート・トスカーナ [2018]750ml

商品コード:182410081996029
JANコード:
新作
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 3,186円
当店ポイント32P進呈
在庫数:13個

イタリア史上伝説の醸造家が陶酔。あのティニャネロの初ヴィンテージにも使用。究極のサンジョヴェーゼを生み出す生産者が手掛ける限定生産のロゼ!

■産地:Toscana Rosato IGT
■品種:サンジョヴェーゼ 100% 
■熟成:ステンレスタンク4-5ヶ月

サンジョヴェーゼを白ワイン製法で作るロザート、その贅沢な造りの為、年によっては生産されることのない限定アイテム。

受注生産の為、非常に人気が高く、数年前に購入希望の打診をしておかないと手に入れられないほど。また購入希望数が必ず割り当てられるとも限らない。