Francois Carillon / フランソワ・カリヨン

LeflaiveやComtes Lafonと同じくクライヴ・コーツ最高評価の3ツ星生産者カリヨン家の新たなるワイン

コント・ラフォンやルフレーヴと同じくクライヴ・コーツから最高評価の3ツ星で称えられる偉大な白の造り手、ルイ・カリヨン。ヴィニュロンとしての歴史は1520年まで遡ることができるピュリニー・モンラッシェの名家である。

近年、16代目となるジャックとフランソワ・カリヨン兄弟がそれぞれ醸造と栽培を担っていたが、父親のルイの引退を期に所有畑が分割されることになった。2010年、フランソワはペリエールやシャン・ガン等ピュリニーが誇るプルミエクリュを含む約5.4haの畑を継承し、兄のジャックが継いだドメーヌから独立。こうして誕生したカリヨン家の新たな醸造所がフランソワ・カリヨンである。

1988年から畑で働き始めたフランソワのワイン造りへのモットーは「畑がワインのクオリティを造る」である。ブドウ栽培にはビオロジックを採用。1992年から除草剤は使わず、馬やトラクターを用いて畑の土を耕し、剪定や芽かきによる収量制限は平均40hl/haと厳しい。ルイ・カリヨンのクオリティを支えてきた祖父仕込みの職人気質の畑の手入れは、様々な生産者を見てきたワイン・アドヴォケイト誌の評論家ですら「すっかり圧倒された」とコメントするほどである。細部にこだわるブドウ栽培の一方、醸造については「ブルゴーニュの伝統の手法」と多くを語らない。畑の格付けに関わらずどのワインの発酵・熟成にもバリックを用い、自然酵母のみで発酵させ、常にマロラクティック発酵を行う。ルイ・カリヨン時代と変わりがないというワイン造りとはいうものの、父のドメーヌでは瓶詰めは3月と決まっていたが、フランソワはワインの熟成状態を見て瓶詰め時期を決める等、微細な調整を重ねてフランソワ・カリヨンのワインは造られている。

現在、カリヨン家から受け継がれた由緒正しき畑に加え、畑仕事に並々ならぬ情熱を注ぐフランソワが厳選し手に入れた畑からもワインを手掛けている。どのワインも偉大な地で生まれるシャルドネの厳格さと華やかさを備え、ゴージャスで生き生きとしたキャラクターが魅力である。フランソワが初めて栽培から醸造まで一貫して手掛け、評論家から高い評価を受けており、ブルゴーニュの名門から現れたこの経験豊かな『新星』がブルゴーニュの偉大な白の新たな歴史を造ることに疑いの余地はない。

フランソワ・カリヨン ブルゴーニュ・アリゴテ [2015]750ml

商品コード:183605121898519
JANコード:
新作

販売価格 (税込) 2,484円
当店ポイント25P進呈
在庫数:29個

【正規代理店商品】

美味しいアリゴテを飲むなら、このワインを選ぶといいだろう by アラン・メドー

ピュリニー村にある3つの区画のブドウから造られる。力強くスパイシー、フローラル、そして柑橘系のアロマが実に洗練されたアリゴテ。さらに素晴らしいリッチなフレーバーが細やかな心地よい感触を保ち、口蓋の真ん中でふくよかさを感じ、力強いレモンのようなフィニッシュには素晴らしいバランスもある。・・・・。

「フレッシュで成熟感のあるスパイシーなノーズは、果樹園に実る白いフルーツや柑橘類のノートによって主に構成されている。とりわけリッチで、丸みのある親しみやすいフレーヴァーは、レモンの苦味を感じる心地よい余韻となってフィニッシュを迎える。」アラン・メドー

■品種:アリゴテ ■熟成:バリック12ヶ月

カリヨンの2015VTは、この年の特徴がしっかりと出た 素晴らしいものである by アラン・メド―
『9月2日に収穫を開始し、まるで絵葉書のように美しいブドウを収穫する事ができた。収穫直前の数週間は2003年や2009年よりも寒く、酸度をキープ出来た為収穫にも苦労することはなかった。とてもクリーンで文句のない糖分と良質な酸を兼ね備えていて、例年よりもリッチであるが重さを全く感じさせない出来栄え。暖かい年に熟しすぎたことによって覆い隠されてしまいがちな、多様なテロワールの個性を表現する事が出来た。』by フランソワ・カリヨン