Robert Groffier / ロベール・グロフィエ

レ・ザムルーズ最大の所有者が造る果実味豊かでシルキーな喉越しのワイン

ロベール・グロフィエはモレ・サン・ドニ在所のドメーヌだが、所有畑の多くはシャンボール・ミュジニーという面白い存在。しかもシャンボール・ミュジニーの偉大な1級畑レ・ザムルーズ最大の所有者である。

世界恐慌から間もない1933年、ロベールの父ジュールが、レ・ザムルーズに隣接する1級畑オー・ドワや特級のボンヌ・マールとともに手に入れた。ブドウの仕立てはブルゴーニュで主流のギュイヨではなくコルドン・ド・ロワイヤ。収量を抑えやすいことに加え、新梢を扇形に広げることで風通しをよくする効果があるという。

今日、ロベール自身は引退状態にあり、息子のセルジュが実質的にドメーヌの当主を務め、ボーヌの醸造学校で学んだ孫のニコラが栽培と醸造に携わっている。瀟洒なお屋敷はドメーヌ・クロ・ド・タールの隣にあり、醸造棟とは別棟の住居の下にはプロの訪問客を迎え入れる、清潔な瓶熟庫兼試飲ルームが用意されている。醸造棟もじつに清潔で、発酵と貯酒の両方に使われるステンレスタンクの生光りする様子は美しい。

除梗に関してはヴィンテージに応じ、2007年、2009年は完全除梗。2008年、2010年は3分の1が全房。2011年は40%を全房とした。ジャスパー・モリスMWの「インサイド・バーガンディ」によれば、1984年までは100%無除梗で、それから後、1990年代は完全除梗だったそうだ。8~9度で10日間ほどの低温マセレーションの後、自生酵母による自然発酵。新樽率は村名ジュヴレ・シャンベルタンで20%、1級レ・ザムルーズで40~50%、ボンヌ・マールで50~60%に留め、12~13ヶ月間の樽熟成を施す。製樽会社はレモンとフランソワ・フレールがお気に入り。

ロベール・グロフィエのワインは最もベーシックなパストゥグランから果実味がみっちりと詰まっている。特級のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズですらタンニンは滑らかでしなやかなタッチ。したがって若いうちから楽しめながら、さらに熟成させるとまた新たな一面を見せてくれる。偉大な造り手のひとつである。

ドメーヌ・ロベール・グロフィエ シャンボール・ミュジニー 1er レ・ゾードワ [2002]750ml

商品コード:10006782
JANコード:
ドメーヌ・ロベール・グロフィエシャンボール・ミュジニー・1er・レ・ゾードワ[2002]750ml
アイテムイメージ
ドメーヌ・ロベール・グロフィエシャンボール・ミュジニー・1er・レ・ゾードワ[2002]750ml

ドメーヌ・ロベール・グロフィエシャンボール・ミュジニー・1er・レ・ゾードワ[2002]750ml

2010年4月15日にバックヴィンテージが少量入荷しました。なお下記のコメントは約4年前にテイスティングした時のものです。

15℃前後で抜栓し1時間くらい置く。グラン・クリュクラスのグラスに注ぎ、掌で包みながらスワリングをし、少し暖めてから飲み始めた。紫がかった濃いガーネット色、赤い花、薔薇、グリオット、プラム、ブラックベリー、柘榴、桃、赤身肉、レザー、胡椒、リコリス、ナツメグ、メース、オレガノ、タイム、クローブ、バニラビーンズ、腐葉土、黒い土、ミネラル、かなりのものとこの時に判断できた。グロフィエのワインは確か去年1992のボンヌ・マールを飲みとても美味しかった事を思い出した。最近のヴィンテージは全く飲んでいなかったので、どのようなものなのかとても楽しみにして今回抜栓してみた。グラスに注ぎ、温度調整してから味を確認してみると、まさかというくらいに驚いた。大体年に5~6回は経験するマダム・ルロワのグラン・クリュを飲んだときに感じる雰囲気を持ったものなのだ。良い年だし、良い造り手であるからかなり期待できると踏んだのだが、まさかプルミエ・クリュのこのワインで、これだけの構成、大らかさを感じるとは思っていなかった。濃い色合いを持ち、鮮やかで華やかな花と非常に良く熟した甘いフルーツのアロマが、絡み合うように飛び込んできた。薔薇はよく判るのだが、もっと濃く厚みのある花が判らない。しかし香りの洪水だ。果実味はグリオットとブラックベリーが際だつが、白桃の甘さと香りも感じられる。それらが絡み合い見事な姿を見せてくれる。しかし、そうかと言って花とフルーツに支配されているわけではない。凝縮され厚みがあり、たっぷりとした肉・革系のニュアンスにがっしりしたボディを感じ、様々なハーブ達は複雑さを加え、高い酸レヴェルと土・ミネラル系のニュアンスがキチッとした輪郭を与えている。でもこのワインの真骨頂はバランス。色々な良い要素を持っているが、全体が高いレヴェルで調和しハーモニーを奏でている。これといって出しゃばる物はない。どれも鮮やかに表に出てきているが、一つとして突出した感じを受けない。時間毎、シーン毎、舌の位置毎で見せる顔が違う。物凄く濃く凝縮されしっかりとしていながら、軽やかでキレが良く、品格すら感じる。このクラスの味わい・バランスは普通 最高の造り手のグラン・クリュにしか見られないし出会えないと思っていた。マダム・ルロワが造るボンヌ・マールと言われてグラスに注がれたら、何の疑いも無く信じてしまうだろう。ここまで書くと、僕の舌が狂っていると思われる方もいるかもしれない。  H18.03.25

販売価格 (税込) 15,180円
当店ポイント152P進呈
在庫数:0個
在庫切れ