VINA MAITIA / ヴィーニャ・マイティア

チリ伝統の品種パイスを守り、伝統の酒ピペーニョの復権に心血を注ぐバスク人

バスク生まれのデイヴィッド・マルセルはチリ人の妻とともに南米チリにやってきた。様々な曲折を経て歴史あるワイナリーで職を得ていたものの、2010年の大地震により建物や設備が倒壊、同じくフランスからチリに移住し伝統品種“パイス”そして伝統の酒“ピペーニョ”の再興を目指していたブルゴーニュの故マルセル・ラピエールの愛弟子であるルイ・アントワーヌ・リュイットとの出会いを機に、デイヴィッドもまた同じ道を歩み始める。

ルイ・アントワーヌに指導を受けながらパイスの古樹を探し、よそ者に売りたがらない畑の所有者を説得してワインを仕込む。デイヴィッドが初めて造ったワインを彼に飲ませた時、何も言わずただ「造り続けろ。」と言い残して去って行ったという。その後ほどなくして著名な南米ワインの評論家から連絡があり、ルイ・アントワーヌから紹介を受けたと告げられた。そして2015年2月、ジャンシス・ロビンソンが、“古くて新しいチリワインの担い手”の取材のためデイヴィッドの元に現れた。現在ワイン造りは仲間の醸造設備を借り、コンクリートタンクで発酵・熟成を行っている。

◆パイス/Pais について◆
パイスは大航海時代スペイン人宣教師達が布教のため中米に持ち込んだスペイン原産のブドウ。その後南米に持ち込まれたチリワインのルーツとも言える品種である。宣教師達は北へも向かいアメリカ西海岸に伝道所を建てながらこのブドウ品種を広め、それは“ミッション”と呼ばれた。このブドウは収量が多く育てやすいためかつてはチリ全土に広まっていたが、国際市場に受けるような濃厚な“流行のワイン”にはならないため、海外への輸出を目指す首都サンチャゴ周辺のメジャーな産地では次々にその古樹が引き抜かれ、カベルネやシャルドネといった人気品種が植えられていった。この品種を守るには品質の高いワインを造り適正な価格で取引をし農家の生活を守る以外に方法はない、とデイヴィッドは言う。

◆ピペーニョ/Pipeno について◆
パイスを原料とするチリの伝統的なワイン。Pipa(大樽)で造る事からその名が付いた。庶民が親しむ量り売りのいわゆる"日常酒"であるが、これも近代化の波に飲まれ徐々に姿を消している。

◆チリ南部のブドウ農家の現状◆
サンチャゴ周辺に国民の4割以上が住むチリでは、富もまた首都圏に極端に集中している。ワインの世界においても日本でもよく目にする華やかなサンチャゴ周辺の産地と比べ、南部には貧しいブドウ農家が多く存在する。ブドウの取引価格は12円/㎏程度と言われ貧困が深刻な問題となっている。ルイ・アントワーヌなどパイスを復活させようとチリ南部で努力を続ける人々の活躍はそういった農家の暮らしを向上することにも貢献している。

ヴィーニャ・マイティア マイティア [2014]750ml

商品コード:234218041998219
JANコード:
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 2,112円
当店ポイント21P進呈
在庫数:0個
在庫切れ

カリニャンを主体にパイス、カベルネ・フランをブレンドしたワイン。軽やかさの中にスパイシーで野性味のある深い味わいが感じられる。マイティアはバスクで、英語の“My Dear” (我が愛しき者) と同意。

醸造:契約畑 / 発酵・熟成: コンクリート・タンク
品種:60% Carignan, 30% Cabernet Franc, 10% Pais