F.E. Trimbach / F.E.トリンバック社

4世紀にわたりアルザス・ワインの歴史と伝統を育むトリンバック家

歴史
トリンバック家の歴史は、1626年、ジャン・トリンバックがリクヴィールの市民となった時から始まりました。トリンバック家はワイン栽培家としての名声を築くとともに、リクヴィール村の村長を務めるなど、アルザスの名家として、アルザス・ワインの生産とその歴史に貢献を続けてきました。

後に、トリンバック家はリボーヴィレに移り、1839年に生まれたフレデリック・エミール・トリンバックは、1898年のブリュッセル国際ワインコンクールで入賞するなど、高品質ワインの生産者としての評価を高め、現在のトリンバック社の基礎を築きました。

それ以来、トリンバック社の社名には彼のイニシャルF.E.が冠されています。

F.E.トリンバック社は、現在でもリボーヴィレに本拠を置き、4世紀に及ぶ歴史を持つ、家族経営のワイナリーであり続けています。現在は、12代目となるピエールとジャンによって経営され、ブドウ栽培から醸造まで全ての工程が、トリンバック家の伝統に基づいて行われています。

ワイン醸造
ヴォージュ山脈に守られた石灰質土壌の畑

アルザス地方は内陸部に位置するため、大陸性気候で、暑い夏と厳しい冬の寒さが特徴ですが、西側にあるヴォージュ山脈によって、雨をもたらす西からの湿った風から守られているため、長いぶどう生育期間と豊富な日照量によってブドウが完熟します。

F.E.トリンバック社の自社畑は、全てリボーヴィレ地区にあり、土壌は繊細なワインをうみだす石灰質が主体となっています。主に丘の斜面にある畑は、水捌けが良く、収量を低く抑えることで、凝縮した風味を持つブドウが収穫され、長期熟成が可能な、偉大な品質のワインとなります。

ミネラル感あふれる長期熟成型の辛口リースリング
トリンバック家は、ワイン造りに関する純粋主義的な哲学を持ち、12代にわたって、辛口のワインを造り続けてきました。
特にリースリングの醸造においては、ブドウが持つ純粋な果実のアロマや味わい、ミネラル感をワインに映し出すため、オークの小樽を使用せず、ステンレス・タンクと昔ながらの大樽を使用しています。
非常に構成のしっかりした、長期熟成型のワインは、果実味とエレガントさ、完璧なバランスを兼ね備えた、トリンバック・スタイルのワインといえるものです。これらのワインは、市場に出る前に、セラーで長期にわたって瓶内熟成されますが、特にリースリング・キュヴェ・フレデリック・エミールのような偉大なワインは、長い熟成を経た後に出荷されます。

トリンバック リースリング [2011]750ml

商品コード:10006822
JANコード:
アイテムイメージ

トリンバックリースリング[2011]750ml

トリンバックリースリング[2011]750ml

ワインジャーナリストの山本昭彦氏の「おうち飲みワイン100本勝負」に掲載されました。(ページ70参照)

2011.06.25 入荷しました。

400年近い長い歴史を持ち、アルザスを代表するリースリングの造り手として知られるトリンバック社は常に「辛口」でバランスの良いエレガントなスタイルを追求。現ワインメーカー、ピエール氏は、2006年DECANTER誌にて『世界のTOP10白ワインメーカー』の一人に選出される程の実力の持ち主です。

≪テイスティングコメント≫
緑色のエッジを持った美しい色。『ミネラル』のニュアンスが広がり、熟成感と酸味とのバランスが良く、長く余韻が残ります。白桃のような熟した果実の香り、良く熟したグレープフルーツやレモンのような爽やかさ。酸のお陰で、熟成させることも可能です。

≪料理との相性≫
マリネしたり、焼いたり、ソースと合わせた魚料理または、伝統的なアルザス料理、オニオンパイ、シュークルート、川魚などともよく合います 。

販売価格 (税込) 2,024円
当店ポイント20P進呈
在庫数:0個
在庫切れ