Domaine Marc Colin / ドメーヌ・マルク・コラン

人気急上昇のサントーバンで最も偉大なドメーヌ

サントーバンはピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの影に、文字通り隠された小さな村。
かつてはそのほとんどがコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュで瓶詰めされるほど、目立たぬアペラシオンだったが、近年、その真の価値が認められるようになり、コート・ド・ニュイのマルサネとともに人気に拍車がかかっている。

そのサントーバンで最も偉大なドメーヌのひとつがマルク・コラン。
1944年生まれのマルクは1970年、26歳の時にドメーヌを創設した。当初はサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェに6haの畑をもつのみだったが、80年代から90年代にかけて畑を広げ、現在は19ha。サントーバン、シャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッッシェとサントネイにも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長した。

モンラッシェを所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画はシャサーニュ側の最上部、ギィ・アミオの2つの区画に挟まれた形で位置する。またお膝元のサントーバンには8つの1級畑を所有。
もしもサントーバンのクリマの特徴を知りたければ、このドメーヌの1級畑を並べて試すとよい。

現在、ドメーヌはマルクの3人の子供が中心となって運営。実際は4人兄弟だが、長男のピエール・イヴはジャン・マルク・モレイの長女と結婚して独立。ドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイを立ち上げた。

ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジックが行われており、白ワインは次男のジョゼフが、ピュアさとエレガントさ、それに余韻の長さを追求して醸造。 赤ワインは三男のダミアンがフレッシュさと弾けるような果実味、シルキーなタンニンをモットーに醸造している。長女のカロリーヌはダミアンとともに営業を担当。3兄弟の結束がこのドメーヌの地位をさらに高めているようだ。

かつて、わたしが、このドメーヌを訪問した時、現在独立しているピエール・イヴ・コラン氏が主になってこのドメーヌを運営していました。

彼にお会いして色々なお話をさせて頂きました。彼は最近のヴィンテージにはとても満足をしていて、特に1999、2000、2001、2002年と最高のワインが出来上がったと話してくれました。1999は酸があり、糖分のとれたつまり太陽の恵みを十分に受けた年、2000はやはり天候に恵まれ、酸のしっかりしたミネラル分の強いもので、現在はまだ少し攻撃的でもう少し寝かせたいワイン、2001も最高のヴィンテージとなり、2002はもう何も言う事ないほど完璧に仕上がったと話してくれました。

2002年ヴィンテージは樽からほとんどのワインをテイスティングしてきました。確かに素人の僕でも厚みと言うか、膨らみのある印象を受けました。2002年のル・モンラッシェも飲ませて頂きました。流石にこれだけは口から吐き出すのがもったいなくて、すべてを飲みました。また2001年のモンラッシェの瓶も開けて頂き大感激でした。

ドメーヌ・マルク・コラン モンラッシェ [2008]750ml

商品コード:10006895
JANコード:
アイテムイメージ

ドメーヌ・マルク・コランモンラッシェ[2008]750ml

ドメーヌ・マルク・コランモンラッシェ[2008]750ml

販売価格 (税込) 43,780円
当店ポイント438P進呈
在庫数:0個
在庫切れ