ドメーヌ・アレット・ル・ロワイエ・ジラルダン ポマール・1er・エプノ [2002]750ml

商品コード:10007064
JANコード:
アイテムイメージ

ドメーヌ・アレット・ル・ロワイエ・ジラルダンポマール・1er・エプノ[2002]750ml

ドメーヌ・アレット・ル・ロワイエ・ジラルダンポマール・1er・エプノ[2002]750ml

当店社長がワインにのめり込んだ20年以上前、「アルマン・ジラルダン」と言えばポマールの超憧れの生産者でした。その娘さんがこのドメーヌ・アレット・ル・ロワイエ・ジラルダン。

樹齢90年以上の古樹から造られるこの1級エプノは、非常に高いポテンシャルの持ち主で、十分な熟成を経たものは、まるでグラン・クリュクラスと言っても過言ではないでしょう。ビッグ・ヴィンテージ2002年破格です。

> セラーから出し一旦冷蔵庫で10℃ぐらいまで温度を下げておきます。19時頃に抜栓し食卓のテーブルの上においておきました。やはりこの時期は瓶やラベルは水滴でベタベタになりますが、ワインの温度は直に上がるので温度調整は楽です。20時頃から食事なので丁度その時の温度が14~15℃ぐらいになるようなタイミングで調整しました。

どちらかと言えば黒というより柔らかい赤と言った方が似合うカラー、薔薇、スミレ、ハイビスカスなどの赤い花、ブラックベリー、プラム、グリオット、カシス、クランベリーなどのフルーツ、そして、赤身肉、革、黒胡椒、丁字、タイム、ナツメグ、ローズマリー、バニラビーンズなどが現れます。カラーとは真逆のしっかりとした造りの直ぐに飲めるといったものではありませんでした。そのため一度デカンタに移してからグラスに注ぎました。この生産者のワインはやはり柔な造りではないし、2002年はご存じのように素晴らしいグレートヴィンテージです。そのため早めの抜栓もしくはデキャンタージュをした方が良いみたいです。また温度の変化を付けることにより開きやすくなります。グラスに注いでから15分ぐらい経過後にやっと先ほどの素晴らしい香りと頷くほどの甘みが出始めました。凝縮された甘いフルーツとしっかりした酸が良いバランスを保っています。ホッとするようなボーヌの特徴である優しさと、キチッとした芯のある強靱さを併せ持ったものです。昔のアルマン・ジラルダンを思い起こさせてくれる逸品です。あの絶賛したコント・アルマンのポマール・クロ・デ・ゼプノ2003のレヴェルまでは達していないにしても、かなりの近いもので驚きました。この価格は安すぎてワインが可哀想かもしれません。  2010.07.04

熟成したポマールこそ古酒の醍醐味でしょう

その他のポマールはこちらから

販売価格 (税込) 5,478円
当店ポイント55P進呈
在庫数:0個
在庫切れ