次世代の活躍に期待がふくらむ、シャサーニュにおけるトップクラスのドメーヌ

ドメーヌを運営するミシェルはまだ50代半ばで引退する年齢ではないのだが、2004年ヴィンテージよりドメーヌを分割し、長男フィリップがドメーヌ・フィリップ・コラン、次男ブリュノはドメーヌ・ブリュノ・コランと、別々のドメーヌとして生産を開始した。といっても自身の名義でも生産は続けていて、シュヴァリエ=モンラッシェとピュリニー=モンラッシェのドモワゼル、それにシャサーニュ=モンラッシェ・アン・ルミリーだけはミシェルのラベルとなっている。

各々のリリースする銘柄は下にまとめたが、長男フィリップは父ミシェルのドメーヌをそのまま継いだ形となっていて、生み出すワインも父譲りの、落ち着いた風味、味わいの構成のしっかりしたタイプとなっている。方やブリュノは、マルク・コランの長男、ピエール=イヴのカーヴのすぐ隣にドメーヌを構え、ワインもピエール=イヴに似たところのある、強い果実味に高い比率の新樽が合わさる今流行りのタイプと、そのスタイルも対照的なものとなっている。

コラン=ドレジェというと、ルフレーヴなどとともに3本の指に入るシュヴァリエ=モンラッシェ、そのシュヴァリエの北に位置し、プルミエ・クリュでありながら、ほとんどシュヴァリエと同等の評価を得ているドモワゼル、それに同じくプルミエ・クリュのトリュフィエールがフラッグシップといったところだが、ドメーヌには隠し玉がある。ドモワゼルの反対側、シュヴァリエ=モンラッシェの南に接している区画である、シャサーニュ=モンラッシェのプルミエ・クリュ、アン・ルミリーがそれ。アン・ルミリーというとサントーバンの代表的なプルミエ・クリュだが、モンラッシェの丘の最上部、真南を向いた1.6ヘクタールはシャサーニュに属していて、コラン=ドレジェは半分弱、0.7ヘクタールほどを所有している。その立地の素晴らしさは、現地に行けば一目瞭然だが、ミシェルが自身の名義のポートフォリオのなかにこのクリマを入れていることからも窺い知ることができる。

秀逸なワインを生んできたドメーヌの多くが、近年、世代交代を迎えているが、受け継ぐ世代と、先代との生み出すワインに差異が感じられるもの、ほとんどスタイルの変化の無いものなど、様々なパターンが見られる。このシャサーニュを代表するドメーヌであるコラン=ドレジェの分割も、ブルゴーニュ・ファンの目が離せない状態を生んだことだけは間違いないようだ。

1878年より続くのこのミッシェル・コラン・ドレジェは、ブルゴーニュにおけて秀逸な白ワイン生み出す
シャサーニュ・モンラッシェ村を代表する造り手のひとつ。ロバート・パーカー氏も5星★★★★★に評価
する造り手で、20ヘクタールの畑を所有し、シャヴァリエ・モンラッシェをはじめ数多くの1級畑を持っています。
しかし2004年にコラン夫妻が引退を決意、そしてフィリップ氏とブルノ氏の二人に9ヘクタールづつ分けられました。

☆ 長男フィリップ・コラン・ドレジェへ ☆
☆ 次男ブリュノ・コラン・ドレジェへ ☆
☆ 長男フィリップ・コランの大人気スパークリングへ ☆

ミシェル・コラン・ドレジェ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・シュヌヴォット [2001]750ml

商品コード:1001623
JANコード:
アイテムイメージ

ミッシェル・コラン・ドレジェシャサーニュ・モンラッシェ・1er・レ・シュヌヴォット[2001]750ml

ミッシェル・コラン・ドレジェシャサーニュ・モンラッシェ・1er・レ・シュヌヴォット[2001]750ml

モンラッシェのすぐ西側に位置し、1920年代に植えられたヴィエーユ・ヴィーニュを含む
シュヌヴォット。熟れた柑橘系の香り、ほのかな蜂蜜のニュアンス。
凝縮した味わいと長く続く余韻、非常に鋭角的な酸を兼ね備えています。

販売価格 (税込) 5,219円
当店ポイント52P進呈
在庫数:0個
在庫切れ