Le Macchiole / レ・マッキオーレ

今や『サッシカイヤ』、『オルネライア』など、イタリアを代表するスーパー・プレミアム・ワインの産地として知られる銘譲地・ボルゲリに位置する「レ・マッキオーレ」。貴族がそのほとんどのワイナリーを所有する中にあって唯一、地元の農家出身者、故エウジェニオ・カンポルミ氏が1983年に設立。「メッソリオ」、「スクリオ」という世界レベルのワインを生み出した。そして、ボルゲリの気候と大地、そして自身の可能性を信じて造り出した「パレオ・ロッソ」の最終形は、カベルネ・フラン100%。それが完成した2001年が、エウジェニオ氏の夢がかなった最初で最後のヴィンテージとなった。

生前、「ビジネス目的でワインを造っているのではない」と公言したエウジェニオ氏。世界的な名声を獲得してからも、とにかく自身で納得のいく品質・味わいのワイン造りにこだわり、純粋に、「より多くの人に自分たちのワインを楽しんでもらいたい」と願っていた。エウジェニオの哲学は畑にあり、自然にあり、そして人にあった。

2002年に巨匠エウジェニオ氏の急逝後は、最大の理解者であった妻のチンツィア女史が見事に引き継ぎ、いまも世界中のワイン愛好家の愛され続けています。
「私は今でもエウジェニオと一緒です。私の考えは彼の考えだと強く感じます。これは彼が亡くなる前からもずっとそうでした。そしてこれからも...」。

私がお客様に「何故サッシカイアやオルネッライアではなく、マッキオーレのワインを買うべきか?」と質問されたら、こう答えます。サッシカイアはボルゲリのスター。ボルゲリが生まれたのは、サッシカイアのお陰です。スーパータスカンが生まれたのもサッシカイアのお陰。オルネッライアは素晴らしいワイナリーで、ボルゲリでも規模がとても大きく、卓越したブレンドワインを造り、世界にボルゲリの偉大さを伝えています。それに対してマッキオーレは職人ワイナリー。職人と同じく、数量は造れませんが、その道を追求し、最高のワインを造るために、小さなことからこつこつと磨き上げ、ボルゲリの偉大さを一番信じて、最高のものを目指したワイン造りを行っているからです。
チンツィア女史

- レ・マッキオーレ -  愛すべき農家のワインである。

レ・マッキオーレ メッソリオ [2002]750ml

商品コード:1002406
JANコード:
アイテムイメージ

レ・マッキオーレメッソリオ[2002]750ml

レ・マッキオーレメッソリオ[2002]750ml

メルロ100%で、18ヶ月の新樽熟成。
ロバート・パーカー氏に「世界最高のメルロ」と言わしめたレ・マッキオーレの中でも
最高峰のアイテム、メッソリオ。
“五穀豊穣”を意味する名前メッソリオ。 
土地、畑への熱い想いが感じられる1本です。
2002年トスカーナは、あまり良い天候には恵まれませんでした。
そのため収穫されたブドウの中から本当に良いものだけを厳選し、生産量を前年の半分
にまで落としました。その名に恥じないクオリティを保っています。

★6本お買い上げでオリジナル木箱にてお送りします。

販売価格 (税込) 10,998円
当店ポイント110P進呈
在庫数:0個
在庫切れ