Chateau MONTROSE / シャトー モンローズ

モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。

たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVB の会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。

シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルロが多くブレンドされるようになったのである。

しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。

モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サン=テステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインのなかに数えられる。

サン=テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1896年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』

シャトー・モンローズ [1995]750ml

商品コード:10006570
JANコード:
アイテムイメージ

シャトー・モンローズ[1995]750ml(フランスボルドー・赤ワイン)

シャトー・モンローズ[1995]750ml(フランスボルドー・赤ワイン)

販売価格 (税込) 22,880円
当店ポイント229P進呈
在庫数:3個

『1989年以来、モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付けシャトーである。 最近のヴィンテージでは常にいちばんのライバルであるコスデストゥルネルとカロンセギュールをしのいでいる。カロンセギュールの品質が向上してきているにもかかわらずだ。格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。 抜け目のない方には、セカンドワインを探すことをお勧めしたい。』『BORDEAUX ボルドー 第4版』

パーカーポイント:93
爆発的に豊かで、エキゾチックな、フルーティなモンローズだ。1995年は1996年以上にふくよかさやエキス分を見せており、カベルネ・ソーヴィニョンのブレンドが減っているため、フルボディではあるが、より近づきやすい、より親しみやすいスタイルになっている。光を通さないほど濃い黒/ルビー/紫色をしており、黒系果実、ヴァニラ、甘草を思わせる熟した香りを持つ。力強いのに驚くほど近づきやすい(タンニンはビロードのようで、酸も弱い)。このすごいモンローズは、多分2028年までがピークだろう。最終試飲年月:2002年11月