シャトー・ラルマンド [1996]750ml

商品コード:10006665
JANコード:
アイテムイメージ

ボルドー・サン・テミリオン・グラン・クリュ

この畑はサン=テミリオンで最も占いもののひとつで、ワイン生産の歴史は13世紀にまで遡る。 1970年代の中頃、温度調節付きのステンレス・タンクが導入され、ワイン蔵全体が刷新された。使用される新樽の比率も最高のヴィンテージでは66%近くまで上げられるようになった。

ラルマンドの高品質の鍵は遅い収穫、厳しい選別、そして比較的低い収量である。これほど一貫して上質なワインを生産することのできる第一特別級も数少ない(ロバート・パーカー氏)。

14℃前後で抜栓・デキャンタージュし1時間くらい置く。紫がかった濃いガーネット色、赤い花、プラム、ダークチェリー、赤身肉、レザー、黒胡椒、リコリス、バニラビーンズ、樽香、オレガノ、タイム、ナツメグ、メース、腐葉土、森の下草、黒い土、鮮やかな花とフルーツのノートが高い濃度と凝縮感を伴いながら口中から鼻へ抜けていく。非常に熟した黒系の果実と柔らかいタンニンが、濃いが滑らかで柔らかい口当たりにさせているのだろう。それでいて、しっかりとしたコクとボディを感じる肉・革系の味わいと新樽から来るのだろうバニラビーンズ・樽香などがはっきりと表に出ている。更に色々なハーブと土系のニュアンス、特に土系・黒い粘土質の感じは、ここのテロワールの特徴を如実に表しているようだ。良く熟した暑い96年のためなのか、凝縮されていて濃いが、非常に柔らかくエレガントな広がりを見せてくれる。少し酸が弱い気がするのはハーフのせいかもしれないが、早いうちから美味しく飲めるので逆に歓迎すべきことかもしれない。果実味、肉・革系、ハーブ、土系が綺麗に纏まり、結構高いレヴェルで調和している。旨く熟成しだした美味しく飲めるワインだ。   H18.01.29

Wine Advocate#122 Apr 1999 Robert Parker 88 Drink: 2002-2015 $35-$50

One of the most impeccably run properties of St.-Emilion, Larmande's 1996 is a big, toasty, rich, licorice, Asian spice, fruitcake, and smoky black cherry-scented and flavored wine. It reveals medium body, good richness, moderate tannin, and a long, concentrated finish. The 1996 will benefit from 2-4 years of cellaring, and keep for 15 or more years.

販売価格 (税込) 6,864円
当店ポイント69P進呈
在庫数:0個
在庫切れ